「大きなお尻が悩み!」ヒップを小さく見せたいときの3つのコーデ術

最終更新日: 2017/06/30 by watabe

「お気に入りの服を着ても、イマイチ後ろ姿がサマにならない……」お尻の大きさに悩みがあると、後ろ姿に自信が持てませんよね。

できるなら、ちょっとでもお尻を小さく見せたい! そんな方のためにお尻の大きさをカバーする3つのコーデ術をお伝えします。

※記事中のモデルさんたちは皆さんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考いただけると幸いです。

ふわっとしたシルエットのスカートで可愛くカバー

フレアスカートやチュールスカートなど、ふわっと広がるシルエットを選べば、可愛くお尻の大きさをカバーできます。
ベルトやウエストインでキュッと絞って見せるのもスタイルアップのコツです。デートや女子会にもおすすめ♡

パンツ派は太めタイプでヒップラインをカモフラージュ

細身のタイプはどうしてもヒップラインを強調してしまいます。パンツ派の人は太めのパンツを選ぶと後ろ姿を気にせず過ごせます。
ロングヒット中の太めのパンツは取り入れやすいのも魅力ですよね♪

ロング丈の羽織りものでトレンド感もヒップカバーも♡

長らく人気の続くロング丈の羽織りものはヒップのカバーにも役立つアイテム。花柄ガウンやレースガウンは大人可愛いおしゃれにアップデートできるので、シンプルコーデを格上げしたい方にもおすすめです。

体型のお悩みは、ナチュラル&おしゃれにカモフラージュすると気分よく過ごせます。ふんわりスカート、太めパンツ、ロング丈アウターは押さえておくと便利ですよ♪

The following two tabs change content below.
mamiko

mamiko

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。