ファッショニスタの被り率高め! GU(ジーユー)の“ワイドチノパンツ”で、賢くおしゃれに着まわし♪

最終更新日: 2017/07/05 by watabe

低価格なのにトレンドアイテムが手に入ることで人気のGU(ジーユー)! ガウチョパンツやスリットニットなど、ブームの火付け役となったアイテムは数知れず。
そんなGU(ジーユー)から発売され、今ファッショニスタの間で被り率の高いアイテムとして注目を集めているのが“ワイドチノパンツ”です。

トレンドが継続中のワイドパンツは、素材感も様々。今の時季は涼しげなリネンも良いですが、季節問わず長く着こなせる定番素材こそチノなんです!
シンプルなのにどこか今年らしさのあるメンズライクなチノパンツも、ワイドなシルエットならきれいめで大人の女性らしい印象に。

ベーシックだからこそ、着まわし力も抜群! プチプラアイテムを賢くコーディネートに取り入れるテクニックこそ、ぜひ参考にしたいですよね♪

そこで今回は“GU(ジーユー)のベーシックワイドチノパンツを使った着まわし術”を、5つご紹介します。

まさに定番! ホワイトTシャツを合わせた、大人シンプルコーディネート♪

ベージュのワイドパンツにホワイトTシャツを合わせた、シンプルスタイル。

夏の定番アイテムのホワイトTシャツも、フレンチスリーブをチョイスすればワンランク上のきれいめシルエットに仕上がります。
ウエストフリルでマークすることでメンズライクなチノパンツも女性らしい印象に。
カラフルなタッセルでエスニックムード満点なかごバッグが、良いアクセントになっていますね。

ジュートウエッジソールで季節感を盛り上げつつスタイルアップした、お手本コーディネートです。

オフショルブラウスで女性らしく。ブルーが涼しげなフェミニンスタイル♪

ネイビーのワイドパンツにスカイブルーのオフショルブラウスを合わせた、ワントーンコーディネート。

大胆にデコルテを露出するオフショルブラウスも、ロングパンツで足元を控えめにすれば、大人っぽい肌見せバランスに仕上がりますよ。
今年らしいウエストマークの着こなしは、共布のリボンでアクセントをつけてもGOOD! フリルのフェミニンなトップスとも好相性です。
フリンジがポイントのハンドバッグでさりげなくテイストMIXすれば、さらにおしゃれ度がアップ!

ブルーのグラデーションが涼しげな、フェミニンスタイルです。

ボーダーカットソーも着やせ効果アップ! マリンムードなスタイルアップコーディネート♪

カーキのワイドパンツにボーダーのカットソーを合わせた、大人カジュアルスタイル。

着太りが気になるボーダーも、ハイウエストなワイドパンツにINして着こなせば、スタイルアップが期待できます。フリルデザインでさらにウエストを強調すれば、足長効果も倍増!
メンズライクなカラーコーディネートには、ストラップサンダルを合わせてレディなムードをプラス。シルバーで涼しげにエッジを効かせているのも、好バランスです。
トレンドのバケツ型バッグは、モノトーンでクールな印象をキープ!

夏のボーダーでマリンなムードに仕上げた、ぜひマネしたくなるシンプルスタイルです。

ホワイト多めのモノトーンで爽やかに。シックなモードカジュアルスタイル♪

ホワイトのワイドパンツに袖スリットのカットソーを合わせた、モノトーンスタイル。

夏のモノトーンは、ホワイト多めに仕上げるのが重たくならないポイント。ゆったりとしたワイドパンツとトレンドのミュールサンダルをホワイトで統一して、軽やかにまとめています。
ポインテッドトゥや袖のスリットなど、洗練されたアイテム選びのモードテイストがとってもおしゃれ♪
ボリューム感のある袖とワイドパンツをウエストマークで引きしめたXラインが、今年らしいシルエットを作っています。

クールなコーディネートを女性らしいアイテムできれいめにシフトした、シックなモードカジュアルスタイルです。

レッドを効かせてレディライクに♡ 甘すぎない大人ガーリースタイル♪

ブラックのワイドパンツにレッドのフリルブラウスを合わせた、大人ガーリースタイル。

レッド×フリルと甘すぎて子供っぽく見えそうなデザインも、ブラックのワイドパンツで引き締めれば大人っぽく仕上がります。
レースアップサンダルでレディなムードをプラス。パンツとつながるブラックで、足長効果も抜群です!
トレンドのバケツ型バッグはトップスとリンクするレッドでまとめているのも、好バランス。

色数を控えることでガーリーコーデを品良くまとめた、ぜひ参考にしたいコーディネートです。

The following two tabs change content below.
AKINA

AKINA

服飾大学でファッションの基礎と表現方法について学ぶ。 卒業後、アパレルメーカーでデナイナー職に就き、ボトムスとデニム製品を中心に企画デザイン。モデルコラボ商品なども担当する。 現在は子育てに奮闘中。