夏の”胸のチラ見え”を防止! 胸の薄い人向け・おしゃれで見えないトップスコーデ18選♪

暑い季節は、どうしてもゆったりとしたコーディネートが多くなります。「ネックの大きなトップスを着ていてブラがチラ見えしそうになった」という人も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介するのは、痩せている人や胸が小さい人向けの”胸がチラ見えしないトップスのコーディネート”。 暑苦しくなく、胸元をしっかりガードする夏コーデをご紹介します♪

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

胸が薄い人向け! おしゃれな胸のチラ見え防止コーデ

痩せている人や胸が薄い人がネックが広めなトップスを着ると、前かがみになった時に胸が見えてしまうことも。”ネックの開き”に注意して貧相なデコルテをカバーし、おしゃれなコーディネートを楽しみたいものですね♪

それでは、コーデをチェックしてみましょう♪

シンプルなTシャツで胸元も安心! ボリュームボトムでおしゃれをプラスして

胸をチラ見せ防止には、襟の詰まったトップスが基本です。ベーシックなTシャツのような普通のクルーネックのトップスなら、前かがみになっても大丈夫。

ワイドパンツやフレアースカートのようなボトムを合わせてコーデにボリュームを足しましょう♪

詰まったネックのきれいめトップスで大人っぽく

襟が少し立ち上がったネックのトップスなら、さらに安心感のあるコーディネートに。タートルや高いハイネックは夏コーデには不向きですが、ほんの少しの高さがあるだけなら胸のチラ見えを防ぐだけではなく、大人っぽくてきれいめな着こなしに仕上がります。

意外とチラ見えしない! ゴムを伸ばして着こなすオフショルトップス

意外と胸がチラ見えしないのがオフショルトップス。ゴムで伸ばして着こなすタイプのオフショルなら、ぴたっとしたフィット感で胸元が見えません。ギャザーやフリルがたっぷりあるオフショルブラウスを浅めに着こなせば、胸の薄さもカバーできて女性らしく着こなせます♥

「スタンドカラー&バンドカラーのシャツ」なら胸がチラ見えしない!

首詰まりのネックラインといえば「スタンドカラー」や「バンドカラー」に敵うものなし。立ち襟のシャツは胸のチラ見え対策にぴったりな服です。

一方で、コーデがのっぺりして見えることも。そこで胸元にプリーツ切り替えのあるデザインを選ぶと立体的なシルエットになり、胸の薄さを感じさせません。

「立ち襟+ボリューム袖」で上半身に厚みをプラス

立ち襟にボリューム袖のデザインが加われば、胸元のチラ見えをカバーしながら女性らしい華やかさを演出。ボリューミーな袖が上半身に厚みを加え、明るく健康的なコーデに決まります。

「シアーなハイネックブラウス」にキャミワンピース・ジャンパースカートを重ねる

首元まで覆われている「ハイネックのブラウス」も胸のチラ見えに効果的。暑苦しく見えないよう、シアー素材を選ぶのがおすすめです。

さらにキャミワンピースやジャンパースカートを重ね着すると尚よし。レイヤードでボリュームが足されることでボディラインが寂しくならず、トレンドライクなおしゃれが楽しめますよ♪

ノースリーブトップスは「ギャザーがあるモノ」を選ぼう!

ノースリーブのトップスを着るのなら「シャーリング」や「ティアード」のデザインを選んでみて。ボリューミーなギャザーのおかげで体と服の間にすき間ができ、胸の薄さを程よくカバーします。

こちらも首が詰まったものを選ぶのが正解です。ノースリーブの肌見せ感を抑えつつ、胸のチラ見えを解決。すっきりと爽やかなコーデが楽しめますよ♪

シャツのボタンを上まで留めて胸のちら見え防止コーデ

シャツのボタンをきちんと上まで留めるのもおすすめ。ブルーやネイビーなど涼感のあるカラーなら、見た目にも爽やかです。

見せるインナーで胸元をしっかりガードして♪

シャツにインナーを合わせるのはいかがでしょうか? 見せるインナーをプラスして、ボタンを開けたシャツに合わせたり、上までボタンがないデザインのシャツに合わせる着こなしに使えます。

2017年8月24日 公開
2022年7月5日 更新

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。