季節の変わり目にヘビロテできる! 「ストール」の使い方を復習しましょう♪

今日は暖かいなぁ、と思ったら急に真冬に逆戻りしたりと、お天気が不安定な季節の変わり目は何を着ればいいか迷ってしまいますよね。そんなときに便利なのが「ストール」なんです! 軽くて便利に持ち運びができ、なにより暖かくて温度調節にはピッタリのアイテム。でも、何も考えずにただ巻いているだけじゃもったいない! オシャレに使いまわすワザを復習してストール使いを楽しみましょう♪

首元にボリューム感を出してスタイルアップ♪

首元にぐるぐる巻いて端をきゅっとまとめるスナップのような巻き方は、もっとも暖かさを感じられる使い方です。しかも首まわりにボリューム感を出すことで目線が上に上がり、スタイルアップも叶います。首回りが暖かいだけで、なんだか全身暖かく感じられるものです♪ 面積は小さくても、ストールの防寒力はあなどれません!

カーディガン感覚でストールを羽緒るとこなれ感が生まれる!

室内にいるときや、少し肌寒いと感じたときにおすすめなのが、ストールをカーディガン感覚で羽織る巻き方です♪ ラフに肩にかけるだけでコーディネートにこなれ感が生まれて、オシャレ度がグンとアップ。程よく暖かく、コーデのポイントにもなる使い方です。

シンプルコーデのポイントになる”マフラー巻き”

結び目をつくらず、端を長めに垂らす”マフラー巻き”は、シンプルコーデやワントーンコーデのポイント作りにぴったりの巻き方♪ シンプルながらも、コーデ全体を華やかに仕上げてくれます。お気に入りのカラーや柄のストールを目立たせたいときは、この巻き方が一番有効です!

コートとインナーの間に挟む”ジレ風使い”で差し色を楽しむ♪

コーデが物足りないな……と感じたときに試してほしいのが、ストールをコートとインナーの間に挟む”ジレ風使い”です。ストールが差し色となり、オシャレ度がグッと増します♪ 持ち運びの邪魔にならないだけでなく、寒くなったらサッと首元に巻けたりと案外効率の良い使い方なんです。

日差しが暖かい時間帯はさらっと手に持つだけでもオシャレ♪

お天気が変わりやすい今の季節、日差しの暖かい時間帯や室内にいるときなど、ストールが邪魔になってしまうときもありますよね。丸めてバッグに入れるのはシワがつく上に、ただの荷物になるだけ。せっかくならラフにたたんで手に持ったりバッグにかけて、ストールを差し色として有効活用しましょう。寒くなったら首にかけて、上手に温度調節を♪

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。