よく耳にする“とろみ”ってどういう服? 薄着になる春夏は素材で差をつける♡

「アウターを羽織ればなんとかなる!」そんな秋冬は過ぎ、季節はすっかり春に。薄着になる季節は、アイテム選びはもちろんのこと、素材の選び方もおしゃれの幅を広げるポイントになります。そこでよく耳にするのが“とろみ”という言葉。

とろみ素材ってよく聞くけど、どういうもの? 素朴な疑問を解決しておきましょう……♪

とろみとは、「くたっとした素材」全般を指す

とろみとは、何か特定のアイテムを差しているわけではなく、くたっとした素材全般のことを言います。
やわらかくてストンと落ちるもの、アイロンをかけなくても平気なものは“とろみ”と呼ばれることが多く、女性らしいやわらかさを表現できるブラウスなどによく使われています。

とろみシャツでこなれ感のあるカジュアルコーデを

シャツというとパキッとした素材をイメージする方も多いと思いますが、とろみのあるものを選ぶとグッとこなれ感が増します。わざわざアイロンをかけなくてもいいというのもメリット。オフの日はデニムを合わせてカジュアルに♡
オンにもオフにも使いまわせます。

シンプルなトップスも、とろみ素材を選ぶだけでおしゃれ見え

シンプルなトップスの着まわし力はかなりのもの。一枚で着るときは、とろみ素材のものを選ぶだけでワンランク上のコーデに。
シンプルなのに手抜きに見えないので、重ね着したくないときに重宝します。

柄物アイテムもとろみがあればリッチ見え

プチプラアイテムを好んでチェックする人は「柄物だと高級感が出にくい」と感じたことはないでしょうか。プチプラアイテムは便利な反面、アイテムや柄によっては高見えしにくいのも否めません。
そこで、柄物の中でもとろみのある素材を選びましょう。ストンと落ちた質感はお値段以上に見せるのに効果的。いい仕事をしてくれます。

とろみをうまく使って、賢くおしゃれを楽しみましょう……♪

The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。