40代にとってピンクは難しい? いいえ、大人の女性だからこそ似合うピンクの着こなしがあるんです!

最終更新日: 2018/06/20 by watabe

40代でピンクを着るのは難しい……、そんな固定観念に囚われている方はいませんか? 実はピンクこそ、大人の女性だからこそ似合うカラーなんです! 例えば若い女性がピンクを身に着けた姿を想像してみてください。似合ってはいても、ちょっと子どもっぽさがあるのも否めません。アラフォーは、自身の大人っぽい魅力とピンクの甘さのバランスが取りやすい世代なんです。実際、大人になるにつれてピンクアイテムに目が行く、という方も多いみたい。

今回は、40代#CBKファッショニスタのピンクを取り入れたコーディネートを見ながら、ピンクの着こなし方をご紹介します。

バッグやシューズでピンクを取り入れるのがとっても簡単♪

ピンクのアイテムにチャレンジしてみたいけれど、なかなかお洋服までは勇気が出ない……。そんな方は、まずバッグやシューズなどの小物から取り入れてみてください。面積が小さい小物なら、濃い薄い関係なく気に入ったトーンのピンクでOKです。一度ピンクアイテムを身に纏ってみたら、きっとその魅力にはまってしまいますよ♪

デニム×くすみピンクが大人カジュアルに♪

くすみ感のあるピンクとデニムアイテムを組み合わせると、大人っぽいカジュアルスタイルが出来上がります。このときのポイントは、シルエットやデザインに辛め要素のあるピンクアイテムを選ぶこと。タイトシルエットのスカートやVネックはピッタリのアイテムです。

ガーリーなピンクを使うときはダークカラーで引き締めを

リボンディテールやフレアスカートといったガーリー要素の強いピンクを着こなすときは、ブラックなどのダークカラーで引き締めてみてください。柔らかい印象に仕上げたいときはネイビーもおすすめです。ダークカラーがピンクを映えさせてくれるのと同時に、大人の魅力も引き出してくれます♪

大人な女性を演出できるピンクは”パープルピンク”です!

ピンクと一言で言っても、様々なトーンや色味がありますが、中でもアラフォー世代におすすめなのが”パープルピンク”です。ピンクの甘さとパープルの色気、二つのカラーの良いとこ取りをしたカラーなので、面積が広くても大人っぽさをキープしつつピンクを楽しめます♪

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。