女らしさを醸し出す赤の力を借りて品よく。大人が着る”赤ボーダー”スタイル

最終更新日: 2018/06/20 by watabe

赤のボーダートップスについてこんなイメージをお持ちではないでしょうか。「ベーシックな白黒ボーダーよりもカジュアルで子どもっぽくなりそう」、または「着こなしが難しそう」「着回し力がなさそう」など。でもそんなことはありません。

コーディネートに赤を取り入れると女らしさがグッと増すように、ボーダーにおいても、赤色の力を借りれば品よく仕上げることができます。

定番のボーダーは、赤という色の選択肢を追加してバリエーションを増やしてみて♪

赤ボーダーはベージュボトムと相性抜群

最初に覚えておきたいのは、赤ボーダーとベージュボトムは相性がとても良いということ。スカートでもパンツでも、ベージュならほとんどバッチリ合います。スナップではワイドパンツを着用。ワイドシルエットでもラフ見えせず、レディな雰囲気に仕上がります。スニーカーを履きたいときは、カジュアルになりすぎないホワイトがおすすめ。

アースカラーのスカートはシルエットで女らしさに差をつける

ベージュと相性が良いということは、アースカラーと合わせてもバランスよくまとまります。こちらのスナップではカーキスカートを着用。カジュアル見えしやすいカーキは、ボーダーの赤とスカートのIラインシルエットで女性らしさを格上げ。

フレンチシックな組み合わせ

ボーダーとミディ丈のフレアスカートの組み合わせは、パリジャンを思わせるようなフレンチシックな装いに。ボーダーが赤ならレディさがグッと高まります。ボーダーとカラーをリンクさせた赤シューズでとことん女らしく。

きれいめデニムと合わせて大人っぽさをキープ

デニムパンツとコーディネートするときは、きれいめシルエットを選んで。カジュアルになってしまいそうな組み合わせも、デニムのシルエット1つで解消。スナップのようにキャスケットやハットをかぶると、プラスαのおしゃれが手に入ります。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡