早い人から始めてる! ”形は夏・色だけ秋”の季節先取りコーディネート11選

まだまだ暑い日が続きますが、早くもアパレルショップではSALEも終盤に差し掛かるところ。秋物の先行予約を始めているブランドも多く、次シーズンのファッションが気になってしまう……、という方も多いはず。

だから今こそ、暑い夏から楽しめる”形は夏・色だけ秋”の季節先取りコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか? オシャレなファッショニスタのみなさんは、早くもワードローブに取り入れています! 彼女たちの着こなしを参考に、毎日のオシャレをアップデートしてみてくださいね♪

深みパープルで秋の気分を先取り♡

深みのあるパープルは、多くのブランドの秋物先行予約でも見られる注目カラー。ホワイトと合わせてコーディネートすれば、暑い日でも爽やかさをキープしながら楽しむことができます。

秋色を簡単に取り入れるなら、トップスをホワイト、ボトムを秋カラーでまとめてみてください。顔まわりはホワイトでなじみやすいので、初心者さんでも簡単に着こなすことができますよ♪

トップスで秋カラーを取り入れると、顔まわりに近い分、より秋っぽさを感じる着こなしに仕上がります。暑い日には、オフショルダーなどの適度な肌見せで爽やかさをプラスするのがうまくいくコツです。こちらのスナップでは、さらに真っ白なバッグで爽やかな印象をプラスして、バランスをとっています。

秋もイエローが使えそう! 明るめマスタードを選べば夏からヘビロテできます

秋もイエローは大活躍の予感です♡ 夏から秋まで長く使える、明るめのマスタードカラーが特におすすめです。

こちらのスナップのような羽織りアイテムなら、夏は冷房対策に、秋はアウターの下に忍ばせて差し色を楽しむことができます。

 

イエローに慣れていない方は、ボトムから取り入れるのが簡単です。難しいことは考えず、ベージュチノボトム感覚で使えばオシャレに着こなせるはず♪

こちらのスナップでは、ブラックアイテムを合わせて秋っぽさを増したコーデに仕上げていますが、ホワイトやグレーアイテムを織り交ぜると見た目温度をもう少し下げることができますよ。その日の天気や気温に合わせて調節してみてください。

ブラウンアイテムを取り入れれば、大人っぽい秋の先取りコーデに♪

こちらはブラウンのトップスにブラックのスカートと、秋のカラーをふんだんに取り入れたコーディネート。ノースリーブで取り入れれば、適度な肌見せで夏でも大丈夫です♪

ダークトーンのコーディネートを暑い日に着こなすときは、いつもより少しだけ肌の露出を多くすることで涼やかな印象を作れます。

 

トレンドのベーシックカラーワントーンコーデも、ブラウンの面積を広くすれば秋っぽさが増します。暑い日は意識的に肌の露出を増やすのがポイント。ノースリーブが苦手な方は、オフショルダーやフレンチスリーブを活用してみてくださいね。

ブラックコーデに小物で秋カラーをONしてみる♪

今年の夏はブラックも注目カラーのひとつ。ブラックだけでも秋らしさを演出できますが、さらにオシャレ度を上げるために小物で秋カラーをONしてみてください♪

こちらのスナップでは、ブラウンの雑材ハットをプラス。夏素材だけど秋カラーという、まさに今使いたいアイテムです。

 

こちらは、ブラックのワンピースにこっくり深みのあるパープルサンダルをON。どこか秋らしさを感じる着こなしに仕上がっています。

ホワイトのバッグで見た目温度を下げて調整しているので、真夏の暑い日でもOKな秋先取りコーデになっていますね♡

秋カラーベースのフラワープリントも可愛い♡

夏らしいリゾート感を楽しめる大柄のフラワープリントも、秋カラーベースのものをチョイスすれば季節先取りコーデに仕上がります。

こちらのスナップでは、ブラウンベースのフラワープリントをチョイス。夏らしいリゾートっぽさを感じるのに、どこか秋らしさもある……、そんな今の気分にピッタリの着こなしが楽しめます。

チェック柄で秋っぽさを簡単に演出できます!

さらに晩夏になってきたら、秋の大本命「チェック柄」を投入してみましょう。夏アイテムと組み合わせて着こなすだけで、季節先取りコーデが存分に楽しめます♪

まだまだ暑い日が続きますが、夏コーデにマンネリしてきたらぜひ季節先取りコーディネートを試してみてください♡

The following two tabs change content below.

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。