夏休みは夫の実家へ! 好感度重視で選びたい帰省の日コーデ

今年の夏休みは夫の実家へお泊り帰省! 特に遠方ともなると、義父母や親戚に会うのは年に1回くらいという方も多いはず。たまにしか会わない相手だからこそ、コーデにも気合いを入れて挑みたいでしょうが、ここでオシャレすぎるのは我慢です。帰省の時はオシャレよりも、とにかく好感度の高いコーデが第一条件。夫の親族をよく思い返して、みんなの雰囲気に馴染みやすそうなアイテムを選びましょう!

清潔感で選ぶならこんなスタイル!

今年は暑いから……といってもノースリーブなど、露出の多いファッションは控えるのが無難です。清潔感を狙えるホワイトのゆったりとしたフレアスリーブカットソーは誰からも愛されること間違いなしの一着。ボトムスも落ちついたグリーンのガウチョパンツなら、品よくまとまるはずです。

長時間移動も考えるならワンピース!

遠方への帰省なら、ゆったりとした締め付けのないファッションを選ぶのがベストです。ナチュラルなリネン素材のベージュワンピースは、フロントボタンやギャザーでほんのり甘さを添えた、可愛らしさのあるデザイン。品の良さを感じるスタイルと、好感度も高まるはず。

地方中心地への帰省ならきれい色スカート!

いくら田舎へ帰るといっても、夫の実家は地方の大都市という場合も。親戚もオシャレな人が多いなど、事前に情報が得られているなら、華やかさも忘れないキレイめコーデが最適です! 明るめネイビーのニットトップス×爽やかなブルーのミモレ丈スカートなら、センスも良くきちんと感も◎に仕上がります。

子連れ帰省やお手伝いを意識するなら動けるコーデ!

小さなお子さんを連れての帰省や、お客さんとして座ってはいられない!という帰省先ならとにかく動きやすいコーデがベスト。美しいブラウンのTシャツは、ネイビーのワイドパンツにインして配色バランスも抜群! アクセサリーや小物はシルバーなど涼しげで上品さのあるアイテム選べば、きちんと感もアピールできるはずです。

The following two tabs change content below.

bossa

学生時代から女性誌のライターアシスタントを数年、その後男性情報誌を手掛ける出版社で広告記事作成などに携わる。現在はファッションメディアを中心としたフリーライターとして活動中。