夏の終わりは色を秋仕様に変えていく。キーワードは”こっくりカラー”♡

お盆を過ぎると気分は一気に秋。そろそろおしゃれも秋にシフトしていきたい……! でも秋モノを着るにはまだ早い気も。そこで頼りたいのが「秋色」です。

色を変えるだけで、簡単に秋を先取りできちゃいます♡

今年はパープルがなくちゃ始まらない!

2018年秋は、とにかくパープルがアツイ♡ 秋にそなえて、パープルアイテムを夏のうちに押さえておくと重宝します。薄い色味じゃなく、こっくりとした濃カラーをセレクトしましょう。

こっくりボルドー寄りの赤アイテムをセレクト

夏のビビッドな赤よりも、少し落ち着いた色味の赤を選ぶと秋っぽいコーデに。赤は派手だから苦手という方も、秋はボルドー寄りの赤に挑戦してみてください。着てみると意外に合わせやすいんです♡

カーキ感覚で着られる深めグリーン

グリーンというとちょっと難易度が高いイメージがありますが、カーキと同じ感覚で着られるのでコーデしやすいんです。シンプルなスタイリングでもハイセンスな仕上がりに。

秋のピンクはくすみorビビッドで攻める

オールシーズンでも着たいピンク。秋はくすみ系カラーか、あえて派手なビビッドピンクを選ぶのが今年風。甘さよりも「おっ」と目を引く色使いを意識すると、鮮度の高いコーデに仕上がります。

夏の終わりから使えて、秋まで重宝するこっくりカラー。
季節の変わり目は、色使いでコーデを変えていきましょう。

The following two tabs change content below.

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。