楽で賢い選択を。テクいらずでおしゃれになれる、「1枚で成り立つワンピース」が最強!

コーディネートに悩む季節の変わり目は、1枚で成り立つ「ワンピース」で楽ちんにおしゃれを手に入れませんか?

ワンピースといっても、レイヤード前提のものだったり、そのまま着るには物足りなさを感じるものも。でも今回は、1枚をそのまま着ておしゃれになれるワンピースをご紹介します。
ファッショニスタのワンピーススタイルとデザインのポイントをチェックして、選ぶときの参考にしてみて!

ニットワンピは着膨れしないデザインが大事

ニットワンピースはデザインによっては着膨れすることも。でもIラインやフィット&フレアのシルエット、またはキレイ色を選ぶと野暮ったく見えません。さらにスナップで着用しているワンピースは上半身がリブになっており、縦ラインを強調。ピタっとしていても、リブの視覚効果でキレイな上半身に見せてくれます。

カシュクールはバイカラーで差をつける

バイカラーワンピースは無地でも柄のような存在感を発揮。一方カシュクールは1枚で女性らしいラインを強調させ、キレイなスタイルを品よく見せてくれます。ワンピースでバイカラーだと難しそうな印象もありますが、カシュクールデザインなら女性らしさが漂い、上品に着こなすことが可能に。

1枚でとびきり女性らしい可愛さを発揮

海外ブランドのコレクションにも数多く登場したスモックワンピース。着るだけで旬な女性になれます。ふんわりとしたシルエットが体型をカバーする上、女性らしいフェミニンな印象に。動くたびにゆれる裾は、エレガントな女性の象徴にも。

大人のおしゃれセンスが光る1枚

ロング丈が人気の今年はワンピースも例外ではありません。ヒールを履かないと床についてしまいそうな思い切ったロング丈は、それだけでリュクスに見えるポイント。低めに配置されたペプラム切り替えが程よいアクセントになっています。体のラインを拾いすぎないシルエットは、大人の女っぷりを格上げ。デザインがシンプルな分、キレイ色で存在感を放って。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡