どうする今年の忘年会!? きちんと感もあってさりげなく特別感を演出できる着こなし

12月と言えば忘年会シーズン。上司や先輩もいるお酒の席では、どんなおしゃれをしていったらいいか迷うものですよね。

仕事の延長として最低限のマナーを押さえるのはもちろんですが、今年一年を一緒に頑張ってきたメンバーとお酒を交わす時間だからこそ、さりげなく特別感を演出したいところ。今回はそんな微妙なラインをクリアしてくれるようなコーディネートをご紹介します!

スーツが基本の職場ではきちんと感のある無地のワンピースでさりげなく華やかに

職場の男性がみんなスーツの場合は女性もスーツを着ることもありますが、忘年会のような席なら無地のワンピースをチョイスするのがおすすめ。きちんと感がありながら、その場を和ませるようなやわらかさが演出できます。

色はスキのないイメージのブラックよりも、ネイビーやグレーなど少し軽さがある方がやさしい印象に。

座敷の場合はパンツが正解! さわやかなカラー配色でフェミニンパンツスタイルに

居酒屋のような座敷での忘年会の場合は、足元を気にしないで済むパンツをチョイスする方がベター。席を立つ際もスマートに動くことができます。

クリーンなホワイトのパンツにキレイ色トップスを合わせれば、華やかでフェミニンなパンツスタイルに。ニットがミドルゲージやローゲージの場合はベルトをオンして引き締めても。

同性が多い職場ならちょっぴりひねりを効かせたモード感のあるスタイルで

同性が多い職場では、ちょっぴりモード感のあるスタイルでセンスのよさをアピールしたいところ。ニットのセットアップなら程良く抜け感もあるので、キメキメになりすぎずにまとまります。

楽しい気持ちを演出するためにも、色は淡いホワイトやベージュなどがおすすめ。品の良さもキープできます。

ベーシックカラーのプリントワンピースでさりげなくセンスを感じるスタイルに

あれこれ考えないで済むのがワンピース。きちんと感も華やぎも兼ね備えているので、忘年会の席ではうってつけのアイテムです。

とはいえ無地だとやや地味で退屈な印象なので、プリントを選ぶのがおすすめ。ベースをベーシックカラーにすれば、華美な印象にならずに済みます。

The following two tabs change content below.
yoshiko

yoshiko

アパレル企業での販売、ECサイト運営を経て、現在は子育てをしながらフリーライターとして活動しています。 ベーシックに少しトレンドを取り入れたスタイルが好きです。 リンク:https://ameblo.jp/smile-5-8