マナーを押さえた母親の服装って? 卒業・入学式で浮かないセレモニースタイル4選

最終更新日: 2019/01/25 by watabe

寒さが落ち着く頃、やってくるのが卒業式や入学式。お子さんのお祝いの日ではありますが、セレモニースタイルに悩むママも多いようです。式典で浮いてしまうことがないよう、常識的な服装をしっかりチェックしてきましょう。

ブラックフォーマルには小物で華やかさをプラス

卒園・卒業式はお別れの場であると同時に、感謝の気持ちを表すお祝いの場でもあります。“ブラックフォーマル”のようなシックなスタイルは礼服をイメージさせることもあるため、胸元のコサージュやヘッドアクセサリーなどをプラスして、華やかさを演出するのがマスト。

着回し力抜群のブラックパンツスーツ

最近は毎日の通勤や仕事でも着ているような、シックなブラックのパンツスーツをセレモニースタイルに選ぶママもいるよう。その際は通勤着や仕事着に見えないよう、コーデに華やかさを与えるのがポイント♥
ジャケットのインナーにホワイトを効かせて華麗な小物を添えれば、卒業・入学式のどちらにも着まわすことができるハレの日スタイルの完成です。

キレイめアイテムをセットアップ風に

せっかく服を買うならハレの日だけではもったいない! そんな風に感じるママには単品を組み合わせたコーデもおすすめ。確かにセレモニースタイルはスーツがメインです。しかし、テーラードジャケットやレーススカートなど、単品のキレイめアイテム同士をセットアップのようにスタイリングすると、セレモニーから日常まで幅広いシーンで活躍してくれます。

一着は持っておきたいツイードセットアップ

きちんと服の主役“ツイードセットアップ”は、一着は持っておきたいセレモニースタイル♥ グレーカラーをチョイスすれば、組み合わせ次第で卒業・入学式の両方で着回しが可能。まだ肌寒い時期ではありますが、ストッキングは肌の色に近いヌードベージュが祝いの席では最適です。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。