「シンプルなのになんだかオシャレ」が叶う! ワンランク上のパンツコーデ4選

最終更新日: 2019/03/06 by watabe

「大人カジュアルって意外と難しくない?」「定番アイテムしか使ってないのに、何であんなにおしゃれなの?」街中やSNSで素敵な女性を見かけるたびに、おしゃれの秘訣が知りたいと思っている人も多い様子。
そこで今回はパンツコーデに的を絞って、シンプルなアイテムをハイセンスに見せる着こなし技をご紹介。春に向けて、ワンランク上のパンツスタイルを一緒にマスターしましょう。

袖コンシャストップスでスキニーパンツをブラッシュアップ

春先にぴったりなボーダートップスを、ブラックスキニーパンツで大人っぽく引き締めたスタイリング♥ 膨張しがちなベージュボーダーですが、ボートネックの正方形に近いシルエットなら着痩せ効果大! アウター不要の春コーデを袖コンシャスで思いっきり楽しんで。

シンプルコーデのときこそ意識したい”3首見せ”

先程と同じボーダートップス×スキニーパンツのコーデを、こちらのモデルさんは全体をブルー系でまとめて、爽やかな大人カジュアルを演出。
トップスをあえてインせず前後の長さの違いを生かす、手首と足首を見せて抜け感を出す、ポニーテールで首周りをすっきり見せる。シンプルなワンツーコーデのときこそ、ちょっとした着こなしの違いがおしゃれランクに差をつけます。

たまには羽織りものを主役にコーディネート

スキニーデニムパンツとホワイトカットソーに、ほっこり可愛いローゲージニットカーディガンをON♥ 上下ともシンプル同士の組み合わせなので、ざっくり編まれたニットの表情が際立ち、おしゃれ度が加速。今日はカジュアルになりすぎた?と感じたら、アクセサリーの力を借りるのも技。

ボーイズ風コーデは、着こなし方や小物でレディに仕上げて

ロゴ入りのグレースウェット×ケミカルウォッシュデニムパンツのボーイズ風スタイル♥ ラフになりがちなスウェットはハイウエストデニムにインして、女性らしい華奢感を強調。さらにくすみピンクのファーバッグで甘さをプラスすれば、甘さと辛さ、メンズとレディス、カジュアルときれいめ、様々なファッション要素をバランス良く取り入れた、感度の高いスタイリングが完成します。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。