ベーシック服をおしゃれに着るってこういうこと。こなれるための4つのルール

最終更新日: 2019/04/11 by watabe

「ベーシックな服をおしゃれに着ること」は誰もが憧れる永遠のテーマ。でもベーシックに頼ると、なぜかただの無難なスタイリングになってしまうことも。

ベーシックな服をおしゃれに着るにはどうしたらいいの? そのポイントをチェックしていきましょう。

ベージュ×ホワイトのワントーンで旬のスタイルに

ベージュやブラウンは春も引き続き人気のカラーです。ベージュ×ホワイトでふんわり柔らかくまとめれば、ベーシックでもトレンド感のあるスタイルになります。

ブラウスはパンツを合わせると新鮮に

ブラウスを着るときは、スカートで甘いテイストに着こなすことも多いと思いますが、今季はパンツに合わせるのがおすすめです。ミックススタイルが主流なので、甘さと辛さをバランスよく混ぜ込むと新鮮に仕上がります。

デニムパンツはちょっと甘さをプラスして着る

一人一本は当たり前、と言っても過言ではないほどの定番デニムパンツですが、定番ゆえに無難な着こなしになりがち。
そこで、ほんのちょっと甘さを意識してみましょう。甘さが加わることで、脱・無難!

トレンチコートはボトムとの丈が最重要

トレンチコートは流行り廃りのない定番アイテムですが、やはりシーズンによって変化があります。今っぽく着こなすなら、ボトムとの丈のバランスを重視することが大事です。「ボトムよりも若干短め」を意識するとバランスが取りやすくなります。

おしゃれな人の共通点は「ベーシックな服を無難に見せないこと」。
マンネリを感じたら、ほんのちょっと鮮度を上げることを意識してみてください。

The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。