身長155cm前後の小柄さん向け! 「デニムのワイドパンツ」をバランスよく着こなす4つのポイント

最終更新日: 2019/05/08 by watabe

ワイドボトムの中でも生地に厚みがあり、重心が下がりがちな「デニムのワイドパンツ」。おしゃれなアイテムですが、バランスが難しいと感じている小柄さんも多い様子。
そこで今回は、身長155cm前後の小柄ファッショニスタはどう着こなしているのかを徹底解析。お手本コーデを早速チェックしていきましょう♪

デニムワイドパンツはハイウエストを選んで

小柄さんにおすすめのデニムワイドパンツは、穿くだけでウエストの位置が上がる「ハイウエスト」♥ ワイドシルエットは重心が下がりやすいため、ウエスト位置をアップさせて脚を長く見せれば、実際よりも背の高い印象に。
組み合わせるアイテムや着こなし方はもちろん大切ですが、デニムワイドパンツのデザインを見直してみるのもおすすめです。

ウエストマークトップスで上半身をコンパクトにまとめて

「ハイウエストはなんだか窮屈に感じるから苦手」「デニムワイドパンツは持っているけれど、ハイウエストじゃなくて……」そんなときは、ウエストマークされたトップスを組み合わせて、すっきりまとめるのがベスト♥ 上半身がコンパクトになったぶん下半身の比率が増え、脚長効果がグッと高まります。ベージュやホワイトなど明るいカラートップスに視線を集めて、おしゃれバランスを加速させて。

ブラウスやサンダルで抜け感を演出

デニムワイドパンツを上手に取り入れるためには、抜け感も大切なポイント♥ トップスなら鎖骨が見えるネックラインのブラウスやシャツ、足元なら足の甲やつま先が見えるサンダルなど……。
春夏ファッションは抜け感を演出しやすく、ワイドボトムをバランスよく着こなす絶好のチャンスです!

カーディガンなどの羽織ものはショート丈がマスト

デニムワイドパンツに合わせるアウターは、やっぱりショート丈がベスト♥ ロングコーデが主流ではありますが、アイテムによっては”着られてる感”が出ることも。紫外線対策必須なこれからの季節、カーディガンやリネンジャケットは短めをチョイスして、デニムワイドパンツを軽やかに仕上げて。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。