二の腕をがっしり見せない! 大人が覚えておきたい「ノースリーブ」の着こなし

暑い夏はノースリーブを着たいけれど、どうしても気になるのが二の腕……。そんなときは「二の腕から視線を外すこと」を意識してみましょう♥ 見せたくないからといって半端に隠すよりも、思い切って見せてしまったほうがスッキリとした印象を与えることもあるのです。
今回は大人世代が選びたいノースリーブトップスとその着こなし方を4つご紹介します。

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

ノースリーブ×スリットスカートで二の腕への視線を分散

シンプルなノースリーブとタイトスカートの定番スタイルは、ボトムを大胆なフロントスリット入りスカートに置き換えることでコンサバ感を回避♥ また肌の露出が増えるほど視線が分散し、二の腕へ注目が集まりにくくなる効果も。ノースリーブにあまり慣れていない人や、きれいめが好みの人にもおすすめの着こなしです。

アーム部分が広めのノースリーブを、ときめくアクセサリーと共に

同じノースリーブでも、アーム部分に余裕のあるデザインは相対的に二の腕を細く見せてくれる嬉しい効果アリ♪
モデルさんはキャミソールとデニムパンツにノースリーブチュニックを羽織ったカジュアルスタイル。首元・手首などのアクセサリーも、二の腕から視線を外してくれる頼りにしたいアイテム! アーム広めなノースリーブと共に、お気に入りの一品を身に着けてみてはいかがでしょうか♥

ゆったりタンクトップでデコルテ周辺に視線を集めて

二の腕がどうしても気になるという人は、フィット感のあるタイプよりも、ボディラインを拾いにくい、ゆったりとしたタンクトップを選ぶのがベスト。タンクトップから覗く首やデコルテに視線が集まるので、二の腕の印象を和らげることが可能です。
モデルさんはゆるタンクトップとパイソン柄スカートで、夏のモードスタイルを楽しんでいる模様。ベルトでブラウジングすることでメリハリが生まれ、上下ゆるコーデも好バランスに。

レトロ&キュートなドット柄ノースリーブブラウス

最後にノースリーブを落ち着いた印象で着こなしたスナップをご紹介。こちらはドット柄ブラウスとチノパンツを合わせた、夏らしい大人カジュアルスタイル♥ ラフになりがちなノースリーブも、ちょっぴりレトロなドット柄なら今っぽくキュート。バッグ、サンダル共に上質なアイテムをチョイスして、カジュアルな中にもさりげない大人の余裕を演出して。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。