浮かずに華やぐダークトーンが使いやすい! 大人世代向け「プリーツスカート」スタイル4選

最終更新日: 2019/07/24 by watabe

女性らしく上品なシルエットが魅力の「プリーツスカート」は、Aラインでも大人っぽく決まるダークトーンが人気! ブラックやネイビーならプリーツも目立ちにくく、甘めが苦手な大人世代やカジュアルな服装を好む人からのラブコールも熱いんです♪
浮かずに華やぐダークトーンのプリーツスカートコーデを、早速チェックしていきましょう。

一色で華やぐブラックプリーツスカート

まずカジュアル派さんにおすすめしたいのが、プリーツが目立ちにくいブラックやネイビーのようなダークトーン! 上下をつないでワントーンにすれば、センスよく見えるだけでなく、プリーツのエレガントさを程よくなごませてくれます♪ モデルさんのような絶妙な肌見せバランスを、今すぐマネしてみて。

ボルドースカートでひと足先に秋色を取り入れて

腰まわりのラインを拾いやすいプリーツスカートの場合、やや硬めの素材を選ぶと失敗しにくくなります。また光沢感やニュアンスがあるものが多く、ダークカラーが重たく見えにくいのも魅力的。
モデルさんはボーダー柄の夏らしいトップスに、こっくりとしたボルドーカラーのプリーツスカートをON! いち早く取り入れた秋カラーがあれば、それだけで通っぽく。

ロング&ルーズでプリーツスカートを最旬にアップデート

トップスをやや大きめのものにして、ずるっとさせた着こなしもオシャレ高感度! コンパクトトップスをウエストにインすればきれいめ、反対にゆったりトップスをアウトにすればカジュアルに寄せることができるので、自分好みのテイストで楽しんでみて。

ウエストマークでインしなくともきちんと見え

長いものに長いものを合わせた旬シルエットは、ベルトでウエストマークすることで、トップスアウトでもきちんと感を演出! またオールブラックの場合、小物使いや肌見せの加減が大事なポイントに。こちらのスナップはピンクのバッグやホワイト系の小物を散りばめて、ブラックをキツく見せないところもハイセンス。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。