女であることを忘れそうなら「女っぷりワンピース」でリフレッシュしてみない?

最終更新日: 2019/07/17 by watabe

忙しい毎日に加え、夏バテしそうな季節の変化に誰しも余裕がなくなる今日この頃。家ではすっぴんで毛玉の付いたルームウェア……なんて人もいるかもしれません。たまには「女を忘れない自分」も楽しんでみませんか?

そこで「女であることを忘れそうならワンピースでリフレッシュ! すぐに試せる7つのデザイン」をご紹介。”やりすぎなセクシー”も”子どもっぽい可愛らしさ”も避けたいワンピース。大人におすすめな「トレンド感あるデザイン」のポイントをピックアップしました。
コーデ要らずな夏ワンピースなら、忙しい女性も気軽に試せますよ♪ 特別な場所へ出かけなくても、デイリーに着こなせる一着で女を取り戻しましょう!

トレンドもしなやかさもゲットできる「サマーニットワンピース」

春夏の気温で着られる「サマーニット」素材は、Tシャツやカットソーに飽きたおしゃれさんの間でヒット中。トップスで取り入れる方が多い中、ワンピースでトレンド素材を着こなしませんか♪ 程よく体にフィットする美しいシルエットは、まさに大人の女子力をアップ。ドレッシー過ぎないカジュアルアイテムとして着回せます。

真っ赤じゃなくても「レッド系」ならOK! 大人の華をワンピースで着こなして

言わずと知れた「赤いワンピース」が醸し出す、大人の華やかさ。デイリースタイルで楽しむなら”真っ赤”じゃなくても大丈夫! 落ち着いたレッドカラーでも、充分に着る人の魅力を引き出してくれます。
さらにモデルさんが選んだのは、今季人気を集める「フロントボタン」タイプのワンピース。街に馴染むトレンドデザインなら、気を張らずに楽しめますね♪

華奢な「キャミソールワンピース」は女性ならではのデザイン

メンズのファッションでは見かけない「キャミソール」は女を思い出させてくれるデザイン。一枚着で肌見せしなくても、華奢な肩紐があるだけで、しなやかな印象を盛り上げてくれます。トップスとレイヤードすれば、近所にしか行かないような何気ない一日にも馴染みますね!
キャミソールにもさまざまなデザインがありますが、モデルさんのような「V字に深いネックライン」は狙い目。バストラインを美しく魅せる服は、”女を忘れかけた”ときに効果的です。

品の良さをキープできる「ちょい肌見せバックシャンなワンピース」

”肌見せ”がセクシーになるのは知っていても、品がないのは避けたいもの。バツグンなおしゃれ感で、肌見せもモードに楽しめるのが「バックシャン」です。後ろ姿で演出する魅力は、誰かと過ごすときにもピッタリ。
また、着なれない背中の開くデザインは下着にも気を遣います。そんなひと手間も、女を取り戻すきっかけになりそう! さらに背中の肌にメンテナンスが必要な方は、サボっていた美活が再燃するかも?! 着たい服の為に肌磨きを頑張るのも素敵ですよ♪

「オフショルダー&レースのワンピース」は細やかなギャザーが今季の決め手

透け感のあるレースや、肩を出すオフショルダーは、鉄板の”可愛らしい”ワンピース。子どもっぽくならないよう、大人の装いに仕上げたいですよね!
そこで秋に向けたワンピースのトレンドキーワードも押さえると、甘いだけじゃない一着に♪ モデルさんのような「細やかなギャザー」が入るデザインや、「とろみ素材」の生地が狙い目です。

肌の色に溶け込むような「ベージュカラーワンピース」でヌーディな魅力

肌に近い色の「ベージュカラー」はヌーディな魅力を引き出してくれます。ワンピースで取り入れるなら、生地も肌に溶け込むような、とろみ感ある一着を選んでみて♪ やわらかい生地感は、エレガントに着こなしやすい一着になります。
またピアスなどのアクセサリーが目立ちやすいベージュカラー。小物一つで、全身のコーデを”自分色に変えやすい点”も魅力です。

乙女心に嬉しい花柄も「大きめ柄ワンピース」なら大人っぽい

乙女心にいつでも寄り添う「花柄」は、女を忘れかけたときにも優しい可愛らしさ♪ ガーリーでも大人っぽく仕上げるなら、柄が大きいデザインをチョイス。柄のインパクトが強くなればなるほど、芯のある女性の魅力を引き出します。大きい柄が苦手な方は、淡く落ち着いたカラーでトライしてみて。
また、柄物のワンピースをしなやかに着こなすなら、上半身はボディラインに沿うデザインがおすすめ。カジュアルなサンダルからヒールのある靴にまで、着回しやすくなります。

The following two tabs change content below.
fujisakiwith

fujisakiwith

ファッションライター。読んでいただいた方の ”毎日がちょっと楽しくなる” ような文章を作っています。