夏の終わりに着たい色。猛暑疲れを癒す、大人リラクシーな「グリーン」コーデ4選

最終更新日: 2019/08/22 by watabe

暑い日が続くと、ふと手に取りたくなるのが「グリーンの服」。心と体を癒す色彩効果を持つグリーンは、着ている本人だけでなく、一緒に過ごす相手にも同じ効力を発揮! 難しく感じがちな色ですが、意外とどんなカラーとも馴染みやすく、比較的トライしやすいんですよ。夏の疲れを癒す、グリーンアイテムを取り入れたお手本スタイルを早速チェックしていきましょう♪

ホワイトTシャツを秋の装いへとシフト

深みのあるグリーンを先取りして、爽やかなホワイトTシャツを秋のムードに落とし込んだこちらのスナップ。紳士風に仕立てられたワイドパンツも、センタープレスが美脚のガイドラインとなり、メンズライクな地厚のTシャツとの着こなしを品の良い大人カジュアルへと着地させています。

定番スタイルのアクセントには、癒し色のカーディガンを採用

すっきりとしたクセのないノースリーブに、女性らしいキュートな甘さを加えてくれるプリーツスカート。そのままでも十分オシャレですが、秋に向けたコーデのバリエーションを増やしたいとき、頼りになるのがカラーカーディガン! 癒しのグリーンカーディガンの袖を結んで少し斜めにズラす、アシンメトリーな存在が今の気分にマッチ。

顔から遠いボトムで癒しカラーにチャレンジ

見慣れない色ボトムは、まずはベーシックなホワイトアイテムと挟むようにスタイリング! さらに顔から遠いパンツなら、初めてのグリーンでも取り入れやすいはず。きちんと感のあるテーパードが、慌ただしいオフィスでも癒しの存在に。

深いグリーンのティアードワンピースが叶える季節感&やすらぎ

エアリーな素材のラクチンワンピースも、深みのあるグリーンカラーを選べば、秋らしさとやすらぎの両方を演出。また、ティアードやギャザーのようなスカート部分にひと癖あるデザインなら、ざっくりニットにレイヤードした秋スタイルでも重宝するはずですよ!

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。