大人世代こそ穿くべき! 「ひざ下ロングタイトスカート」の攻略コーデ4選

最終更新日: 2019/09/02 by watabe

大人世代の鉄板おしゃれといっても過言ではない「ひざ下のロングタイトスカート」。上手に着こなせていますか?
「コンサバになりそう」「きれいめにまとまりすぎるのでは?」、そんなイメージで手に取ることを躊躇しているなら、すごくもったいない。脚をすっぽり隠してくれるロングスカート。中でもタイトめなデザインは、気になる部分をカバーしつつもエレガントに仕立ててくれる、大人女性にピッタリのアイテムなのです。

とはいえタイトなシルエットは、腰回りや太もものラインを悪目立ちさせるのでは?と不安に思うかもしれません。確かにフレアなものよりシルエットはハッキリしますが、秋冬は厚みのある素材が増えるため、タイトめでも意外と気になりにくいはずです。大人が似合うタイトスカートのお手本スタイルを、早速チェックしていきましょう♪

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

ツイードロングスカートがモノトーンにニュアンスを生む

ロング丈のタイトスカートは平面的になりがちで、実は苦手な部類……。そんな人におすすめなのがツイード素材のモノトーン! ホワイトとブラックが混ざり合ったツイードはニュアンスが出るので、どんなトップスを合わせても間延びすることなく、大人のおしゃれスタイルを楽しめます♪

シックなブラックタイトスカートはゆるっとトップスとラフに着崩して

きちんと感の強い、シックなブラックタイトスカート。きれいめに着こなすのが無難ではありますが、少し物足りないと感じる声も……。そんなときはボリュームのあるラフなトップスと組み合わせて、大人のカジュアルスタイルへとシフト。同じくブラックのハイカットスニーカーで脚と靴を繋げれば脚長効果も高まり、おしゃれ上級者だって満足のいく着こなしに。

夏の名残から秋に向けて活躍するニットロングスカート

旬のニット素材のロングスカートは通常よりも1~2サイズ上をチョイス! 脚とスカートの間に程よいゆとりが生まれ、伸縮性のあるニットであってもスマートな仕上がりに。かぎ編み風のパンチングデザインが、シンプルな無地ながらも華やかなムードに貢献。

足さばきの良いラップスカートがタイトシルエットでも太ももを目立たせない

太もものラインを強調したくない人は、スリット入りやラップタイプのような足さばきの良いデザインを選べば、タイトでも気になりにくいはず。またスカート丈はくるぶしよりも5~6cmぐらい上がベスト! 足首が程よく見えることで華奢な印象が強まり、カジュアルなTシャツとの組み合わせも、ぐっとエレガントな雰囲気に。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。