秋は効かせず馴染ませる! ベーシックカラーの延長で楽しめる秋カラー4色

最終更新日: 2019/09/19 by kaori

定番のモノトーンやベージュ・ブラウンなどベーシックカラーが昨年に引き続き主流ではありますが、「そろそろ新しいカラーも気になる!」というのも本音。

今回は、そんな人におすすめしたいベーシックカラーの延長で楽しめる秋の新色をご紹介します。効かせずに馴染ませた秋のカラースタイルを、早速チェックしてみましょう♪

ベージュに近いダークなイエローでTシャツをレディに昇華

色合いによっては子どもっぽくなりがちなイエローは、ダークで落ち着いた色味を選んで。ベージュに近いトーンのおかげで、ラフなビッグTシャツでも大人が着やすいカジュアルへと着地します。真っ白よりもベージュがかった生成りのボトムからぬくもりを感じさせれば、一足お先に秋の装いへとリニューアルできますよ♪

わかりづらいピンクをブラウンでさらに馴染ませる

甘さのあるピンクにも手が届きつつ、ブラウンにも近いダークトーンのトップス。紳士的なポロシャツも、程よくくすんだピンクが大人の落ち着きを感じさせてくれるはずです!

またコーデュロイなどのぬくもり素材で、広がりのあるスカートの重量感をさらに高めるのもポイント。半袖やサンダルの涼しげなアイテムとの差をつけることで、季節の変わり目に最適なスタイルへと導きます♪

くすみブルーのシャツワンピースで夏と秋を行き来して

爽やかなイメージのブルーシャツも、グレーがかった冷たいブルーなら秋に似合うニュアンスを確立! ボトムは引き締め色のブラックも良いですし、中間色のグレーで境目を曖昧にするのもアリ。上から下まで自然な色の流れを形成して、奥行きのあるグラデーションにトライしてみて。

彩度を落としたグリーンならワイドパンツも控えめに

カーキと同じような感覚なのにソフトな風合いのグリーンが、この秋注目されています! ビッグTシャツ×ワイドパンツのメンズライクな攻めた組み合わせも、グリーンの色彩効果で落ち着いた雰囲気をキープ。彩度を落としたグリーンはベージュやブラウンとも馴染みやすいため、これからのスタイリングの新鮮さに欠かせない存在に♪

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。