プリーツorロングタイトの2択!パンツ派さんが挑戦しやすいスカートスタイルを伝授!

最終更新日: 2019/09/18 by kaori

「脚を出したくない」「甘いスタイルが苦手」「デイリーコーデはパンツがメイン」そんなパンツ派さんにも挑戦しやすいスカートコーデのおしゃれ技をご紹介します!

スカート選びに迷ったら、まずはプリーツかロングタイトの2択からチャレンジしてみて。お手本スタイルを早速チェックしてきましょう♪

細めのパンツが好みならロングタイトが最適

スキニーやストレートなど細身パンツスタイル派さんにおすすめなのが、タイトめのロングスカート♪ 下半身のラインを程よく拾いつつも女性らしい雰囲気を楽しめるので、スキニーパンツに劣らないスタイリッシュさが手に入ります。

トップスは着慣れたTシャツを合わせるだけでOK! きれいめとカジュアルの両方が調和され、ぐっと洗練されたスタイルに導きます。

スカートだからこそ楽しめるレオパード柄

こちらは、ひと癖デザインが魅力のレオパード柄ロングタイトスカート。ブラックベースのさりげなさが柄物初心者さんでも挑戦しやすく、それでいて簡単におしゃれ上級者へランクアップされるのも嬉しいですね♥

シンプルなTシャツ合わせはもちろん、オープンショルダーの変形トップスで大人の遊び心を満たすのもアリ。

ワイドパンツ派さんにはプリーツスカートが適任

ガウチョやワイドなどの広めパンツが多い人には、動くたびに揺れるプリーツスカートをおすすめ♪ ティアードデザインやチノ・コットンなどの素材はボリュームが出やすいため、これからの時期は着膨れも心配に。縦線をつくるプリーツならマキシ丈でもすっきりと見え、ワンピースやニットとのレイヤードも軽やかに仕上がりますよ。

フェミニン×カジュアルで生まれる大人のこなれ感

身にまとうだけで女性らしさが生まれるプリーツスカートに、どこか苦手意識を持っているパンツ派さんも多い様子。テイストを「甘×甘」でまとめるには抵抗感があるかもしれませんが、それならば「甘×辛」や「フェミニン×カジュアル」のテイストMIXで試してみて♪

モデルさん着用のボーダートップスは、パンツ派さんにも人気のアイテム。ボーダー×デニムパンツは定番でもあるゆえ、ともすると手抜きと思われやすい組み合わせでもあります。プリーツスカートの甘さが加わることで、雰囲気のある理想のカジュアルへと転換できるはずですよ♪

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。