大人世代に似合わせる! 柄&カラーの教科書コーデ8選

最終更新日: 2019/09/25 by kaori

柄もの服は、身にまとうだけでおしゃれに見える鉄板アイテム!しかしトップスは、その中でも顔から近い分「似合う・似合わない」がはっきりと分かれやすいもの。大人世代だからこそ演出できる、柄トップスの選び方や着こなしのポイントをチェックしていきましょう。

【ギンガムチェック柄】シック&格子の細かいものをレディに

「可愛い」が好きな女心に響く、格子の細かいギンガムチェック柄♪ フリルやバルーン袖などの甘めデザインも、モノトーンのシックな色味でまとめれば、きちんと感を要求されるオフィスシーンにもしっかりとマッチします。

また格子の粗いタイプを選ぶなら、ニュアンスカラーを指名して♥ コントラストをつけすぎない淡いグレーなら、程よく女っぽいが手に入りますよ。

【ドット柄】小粒&ホワイトベースで爽やかに

ともすると子どもっぽくなりがちなドット柄も、小さめなら大人世代も難易度低め。ホワイトベースに散らばるさりげないブラックが、シンプルになりすぎないおしゃれスタイルへと導いてくれます♪

デニムパンツをレディに、マキシスカートを爽やかに。幅広いテイストにマッチする小ぶりドット柄は、この秋も手放せませんね♥

【花柄】小ぶり&レトロな配色をクラシカルに

花柄スカートもおしゃれですが、今季はブラウスで取り入れるのも人気♪ レッドやイエロー、グリーンなどの彩度の低い一着が、ヴィンテージライクな装いへとブラッシュアップしてくれるはずですよ。「ちょっぴり落ち着き過ぎた?」と思ったら、デニムなどのカジュアルなアイテム合わせでラフに着崩すのも手。

【ボーダー柄】細いライン×モノトーン以外が旬味

定番のボーダー柄も、ブラウン×ブラックやブラウン×ネイビーなどモノトーン以外の配色でおしゃれ鮮度急上昇! 細めの線なおかつボートネックをチョイスすれば、「ヘルムホルツの視覚」でストライプよりも痩せて見える効果大です。長い袖は腰の位置までまくることで正方形に近づき、よりシャープな印象が手に入りますよ♪

パンプスやプリーツスカートなどのきれいめ要素を上手に織り交ぜて、カジュアルボーダーを大人っぽく仕上げて♥

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。