カーディガンの”アシメ巻き”でおしゃれに体温調整! 秋の始まりにぴったりな着こなし術

最終更新日: 2019/09/10 by watabe

9月になっても昼間は残暑厳しい日が続くこの頃。でも太陽が沈むと意外と気温が下がったりして、肌寒く感じることも……。さらに室内の冷房もまだまだ冷え気味です。

そんな気温変化の著しい秋の始まりは、カーディガンの”アシメ(アシンメトリー)巻き”でおしゃれに体温調整しませんか? イレギュラーな肩掛けでストールよりも奥行きたっぷりな上に、おしゃれ感は段違い! 肌寒くなったらサッと羽織って体温調整可能と、いいことずくめ。ファッショニスタのお手本コーデを参考に、ぜひ試してみてくださいね。

ドットブラウスをブラックカーディガンで引き締めてシックに

可憐なドット柄ブラウスは、ブラックカーディガン&インディゴデニムで引き締めてシックな秋仕様コーデに。カーディガンのアシメ巻きを活用すれば、夏アイテムが瞬時に秋らしく変化するので、コスパも最強!

秋色カーディガンを使えば簡単に季節感たっぷりなコーデに

アシメ巻きするカーディガンを秋色にすると、簡単に季節感たっぷりなコーデが完成! 白Tシャツ×ブラックスカートのモノトーンコーデに柔らかなブラウンカーディガンを添えて、秋を感じる装いに。足元のパイソン柄シューズでトレンドもばっちり押さえて。

アシメ巻きで定番カジュアルコーデがグッとあか抜け!

ロゴTシャツ×とろみ小花柄スカートの夏に定番だった組み合わせは、アシメ巻きカーディガンをプラスしてあか抜けコーデへシフトさせて。カーディガンを片側の肩のみに掛けて、イレギュラー感をより引き立てるのがおしゃれ見えの秘訣です。

日が暮れて肌寒くなったらカーディガンをさらっと羽織っちゃおう!

日が暮れて肌寒くなったり、屋内で冷房がキツく感じたりするときは、アシメ巻きしていたカーディガンをさらっと羽織って体温調整を。必要なくなったらまたラフにアシメ巻きすればOKだから、無駄な荷物が増えないのがメリット!

アシメ巻きを極めて、秋に向かう季節の変わり目を乗り越えましょう。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。