大人世代の手持ち服が輝く! 去年のスタイルから更新するための新鮮アイテム4選

最終更新日: 2019/10/16 by kaori

マンネリ化した日常着を一点新調するだけで、気分が高まったり、ワードローブが艶めき出したり♥ 自分らしさを持っている大人世代だからこそ、ほんのちょっとのことで十分リフレッシュされます。 お手本スタイルを参考に、アップデートするアイテムをみつけにいきましょう♪

コンサバなネイビーニットをカラーニットに変更

コンサバ派に人気のネイビーは、上品で知的な雰囲気を演出できるためオフィスシーンのマストカラーではありますが、ともすると地味になりやすいのが難点……。そんなときは、シルエットはそのままにカラーで変化をつけるのがおすすめです!

スナップはタイトスカートとニットのワンツースタイル。ネイビーよりも鮮やかなパープルのトップスは、ほんのり大人可愛いドルマンスリーブも相まって落ち着いた組み合わせに華やかなムード作りをアシストしてくれます♪

ゆったりトップスをバックデザインに転換

昨年に引き続きゆったりとしたサイズ感のニットやスポーティなパーカーがトレンドではありますが、今年は少し女性らしさを取り入れてみませんか?

スナップのような大人世代が躊躇しがちなリボンやプリーツもバックデザインなら取り入れやすく、小難しい技がなくともちゃんとサマになりますよ♪

長めボトムのアウターをマキシコーディガンにチェンジ

昨年は長めのスカートやパンツには、MA-1やライダースジャケットのようなコンパクトなアウターを合わせるのが主流でしたが、アウターもマキシ丈にシフトするだけでぐっと今年らしい装いに転換されます。スナップのようなロング丈ワイドパンツはアウターが半端な丈だとバランスが取りにくく感じますが、マキシ丈のコーディガンなら難なくクリア!

また上下ベージュのワントーンとブラウンのコーディガンでグラデーションを作れば一気に鮮度が上がり、縦長効果でスタイルアップも期待できますよ。

秋冬スタイルの相棒はストールからポンチョにシフト

「ボーダーのロングTシャツ×デニムパンツに大判ストールを肩掛け」そんな定番スタイルは安心しますが、ストールをポンチョにチェンジしたちょっぴり冒険もたまにはアリ♪ ファー付きのポンチョなら、同時にクラス感も手に入りますよ。

スナップのようなカットソーポンチョは一枚でおしゃれに決まるから、忙しい大人世代にうってつけのアイテム♪ ワンピースとレイヤードするスタイルや、タイトスカートとのワンツーコーデなど組み合わせるボトムを選ばないこともポンチョの魅力です。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。