気になるパーツ別! ざっくりニットで叶える着痩せスタイル4選

最終更新日: 2019/10/25 by kaori

トレンドのざっくりニットは、「着膨れするのでは?」と不安に思う声もチラホラ…。
そこで今回は、ざっくりニット選びの条件をご紹介! ポイントは「肉感を拾わない立体的なデザイン」「スリット入りなどのすっきり見せる工夫が施されている」「首元が詰まり過ぎていない」の3つです。

気になるパーツを上手にカモフラージュしてくれる着痩せニットを、早速チェックしていきましょう♪

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

顔・肩まわりが気になる人は、ネックの高さと肩の位置をチェック

タートルネックは程よい高さがあごをちょうど隠してくれるから、小顔に見せたい人なら特に選びたいデザイン! さらに身体を包むような立体的なデザインだと肉感を拾いにくいため、立ち上がったタートルネックと相まって肩回りをすっきり見せてくれます。

こちらは、ボリュームあるタートルが印象的なニットスタイル。ざっくりとしたデザインが華奢な女らしさを際立たせていますね♪

肩回り・二の腕が気になる人には、横広がりなVネックを推奨

肩回りと二の腕が気になる人は、Vネックニットがおすすめ! 縦に深いだけでなく、横にも広がるネックの開き具合が、絶妙な抜け感で痩せ見えを叶えてくれます。

ゆるすぎずフィットしすぎないシルエットとヒップが隠れる着丈ならパーフェクト。パンツスタイルも女性らしさ満点です♥

お腹・腰回りが気になる人はサイドスリット入りで細見え

前後差のある丈感やサイドスリットが施されたデザインニットは、お腹や腰回りを上手にカバーしてくれる嬉しいアイテム。ニットとのメリハリが作れるタイトなボトムやテロンとした素材のスカート合わせれば、インしなくとも細見え確定です♪

こちらは、タイトシルエットのワンピースとニットのレイヤードコーデ。ほっこりかわいらしさもありつつ、メリハリあるスタイリングが完成しています♪

着痩せ効果を高めるならブラックよりも断然ネイビー

痩せて見えるカラーといえばブラックをイメージしがちですが、ボリュームたっぷりなニットの場合、コーデに重圧感が生まれかえって太って見えることも……。そんなときはブラックと同じ収縮カラーでありながら、どこか軽やかなネイビーに頼るのも手。

スナップのざっくりニットが女っぽく見えるのもネイビーだからこそ。知的で上品な色彩イメージを持つネイビーカラーがフェミニン度を底上げします。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。