太って見えないボアアウターの選び方。秋の着こなし5選

最終更新日: 2019/10/23 by kaori

暖かくて大人可愛い要素たっぷりの「ボアアウター」が今秋トレンド。だけど、ふわもこ素材って太って見えがちじゃない? とちょっぴり気になる女子が多いのも事実です。
そこで今回は、スッキリ見せるボアアウターの選び方をコーディネートと共にご紹介します。

パイピング効果でホワイトボアアウターもスッキリ

秋冬に着るホワイトは大人可愛いにあふれているけれど、着太りしやすいイメージが強。そんなときはブラックパイピングが施されているボアアウターを選ぶのがおすすめです。ブラックの引き締め効果でぼんやりしがちなホワイトもスッキリ!

秋色カーキなら今っぽく”シック&スッキリ”に決まる

ダークカラーのボアアウターはソフトカラーより膨張しにくいので、着太りが気になる方はカーキなど落ち着きのあるシックな色を選ぶのがおすすめです。旬のジャケットタイプなら、抜き襟などのアレンジでおしゃれ度アップを狙えるのも嬉しい♪

ボディバッグ投入で着太りを簡単に回避する

ボリューム感のあるボアアウターを着るときは、デコルテまわりをスッキリ演出するのがお約束。タートルネックなど首元を包み込むものは避け、クルーネックニットなどをセレクトするのがおすすめです。さらにボディバッグの斜め掛けも着太りの目くらましになるので効果的。コーデにもにメリハリがつきますよ。

着丈長めのボアアウターにはタイトなボトムスがお約束

ほっこり感をあえてキープしないモノトーン中心のコーディネートで、着太りしにくいスタイルに。着丈長めのボアアウターの場合は、タイトなボトムスを選ぶようにしましょう。スキニーパンツやタイトスカートなど上下のメリハリを意識して組み立てればバランスアップも叶います。

ボリューム控え目のボアアウターで着太り防止

ベージュなどソフトカラーのボアアウターを求めるときはボリューム控え目を選ぶのがベター。Vネックデザインやパイピングが施されたものなら、より着太りを回避することができます。インナーに鮮やかカラーを取り入れメリハリをつけるのも効果的!

The following two tabs change content below.
ROUX

ROUX

元外資系ブランドのアパレル販売員。現在はWEBライターとして、ファッションを中心にコラム執筆しています。 趣味は、美味しいクッキーとチョコレート探し。