この秋は自由気ままに国内一人旅! クラシックホテルは大人リラックスコーデでのんびり楽しもう

最終更新日: 2019/10/21 by kaori

スケジュールに追われることのない、自由気ままな国内一人旅。大人になったら一度はトライしてみたいとは思っていても、なかなか行動に移せないと躊躇している方も多いのでは? まずは近場の観光地にあるクラシックホテルなど行ってみたかった場所を目的に、大人リラックスコーデでお出かけしてみましょう!

デザインニットには楽ちんリブパンツを合わせて!

女っぽさを感じるVネックが印象的なブラウンのデザインニットには、柔らかく穿き心地の良いホワイトのリブワイドパンツを合わせて、きれいめだけれどリラックスムード満点な着こなしに仕上げて。ブラックのフラットシューズやバッグでカチッと引き締めればメリハリを感じるコーデが叶います。

カジュアルコーデはトレンチさえあればきちんと仕上がる!

観光地近くのクラシックホテルに泊まるなら、身軽なデニムで出かけたい! とはいえホテルの雰囲気にも合わせたいもの。そんなときには、カチッとしたブラウンのロングトレンチコートを羽織ってデニムコーデをクラスアップさせるのが大人流。裏地の配色が目を引くコートはさらっと羽織るだけでも華やかに見せられます。

ホテルディナーやバーもしっかり堪能したいならキレイめコーデ!

クラシックホテルに泊まるだけならカジュアルコーデでもOKだけれど、ディナーやバーなどドレスコードがありそうなホテルを堪能しようと考えているのなら、きれいめに仕上げるのがベストです。色鮮やかなブルーのロングワンピースはウエスト周りがゆったりしているから着心地も合格。ノーカラーのロングコートを合わせて、ラグジュアリームードたっぷりに仕上げて。

大人っぽい配色ならカジュアルでも洗練して見える!

ホワイトの無地トップス×ブラックスキニーを合わせたカジュアルなコーデに、今シーズン人気のベージュケーブルニットカーディガンを重ねたナチュラルさのある装い。「ホテル=きれいめ」のイメージが強いけれど、観光メインに楽しむのならば動きやすさを考えてスタイリングしましょう。落ち着いたトーンを選べば、カジュアルでありながら大人っぽく品も備えたコーデに見えるはず。

The following two tabs change content below.
bossa

bossa

学生時代から女性誌のライターアシスタントを数年、その後男性情報誌を手掛ける出版社で広告記事作成などに携わる。現在はファッションメディアを中心としたフリーライターとして活動中。