ロングカーディガンのロングってどれくらいの丈? 今年らしく着こなす4つの方法

最終更新日: 2019/11/14 by kaori

おしゃれさんにとって必須のアイテム、ロングカーディガン。しかしロングカーディガンのロングとは、いったいどのくらいの長さを差すのでしょうか?

結論から言いますと、「ふくらはぎの半分以上を隠す丈=今年のロング丈」。さらに身幅に余裕のあるものがトレンドです。では、流行とは真逆の「リブニット」や「ひざくらいの丈」の場合はどう着こなせばいいのでしょうか?

今回は、旬のロングカーディガンやお手本スタイルと共に、古臭く見えないために気をつけたいポイントをお届けします。

カーディガンの半端丈を補ってくれるワイドパンツ

ロングカーディガンで気をつけたいのが、ひざ丈やひざ下丈のデザインを合わせる場合のバランスです。今季はロングよりもさらに長いマキシ丈が主流だから、中途半端な長さだと時代遅れな印象に見える恐れも……。

攻略法は、スナップのようなワイドパンツを合わせること! 適度に横幅のあるパンツが、カーディガンの足りない丈をバランス良く補ってくれますよ。

リブニットカーディガンはボタンを留めたボトムスレイヤードがベター

カーディガンとワンピースの2wayで着られるリブニットアイテムは、今季はカーディガンとしての着用は避けるのが無難です。スナップのようにワンピースとして着こなすか、または身幅に余裕があるデザインならボタンを留めてロングスカートとのレイヤードスタイルがベター。

デニムスタイルを新しく受け止めるブラウンロングカーディガン

今季まず手にしたいのは、ラフに羽織るだけでムードが加わるアンニュイなブラウンカーディガン! スナップのような定番のデニムルックを、深みのある大人スタイルへと導いてくれます。カーディガンにボリュームがある分、足元はブラックでミニマムにまとめて。

シックなロングカーディガンで、テクニック不要の洗練コーデを実証

ブラウンが流行色ではありますが、カジュアル以上に見せたいときや野暮ったさを回避したいときに頼れるのは、やっぱりネイビーやブラックなどのダークカラー! スナップのようなホワイト×グレーのモノトーンにさっと羽織るだけで、それなり以上に落ち着く洗練されたスタイルが手に入りますよ。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。