長年愛されるのにはワケがある! UNIQLO(ユニクロ)の定番アイテム4選

最終更新日: 2019/11/27 by kaori

ヒートテックインナーやフリースなど、UNIQLO(ユニクロ)のロングセラー商品は数多く存在! コストパフォーマンスが高いのも理由のひとつではありますが、幅広い世代に長く愛されるシンプルさも大きな魅力です。とはいえ全身シンプルにまとめてしまうと、ともすると地味でトレンド感の少ない着こなしになる心配も……。

そこで今回は、流行アイテムと組み合わせたいベーシックアイテムを4つお届けします。UNIQLO(ユニクロ)で大人の理想コーデを手に入れましょう!

夏のUNIQLO(ユニクロ)コットンTシャツから、秋冬はハイゲージニットへ

UNIQLO(ユニクロ)で長年愛されているハイゲージニットは、クローゼットに一つは入れておきたい優秀なアイテム! 夏に活躍した「コットンTシャツ」とともに手放せない存在です。

中でも「エクストラファインメリノ」のシリーズは、高級百貨店で2~3万円で販売されているのと同等の羊の毛だとか。極細の起毛しにくいエクストラファインメリノウールだから、ニットのチクチク感が苦手な人も心地よく着られるはずですよ!

UNIQLO(ユニクロ)のビッグシャツなら女っぽい

秋冬にシャツを選ぶ人は少ないかもしれませんが、オーバーサイズなら話は別! インナーにタートルネックを忍ばせたり、カーディガン感覚で羽織ったりと、ワードローブにあるとオールシーズン重宝します。

UNIQLO(ユニクロ)のビッグシャツは、ハリとしなやかさのバランスが絶妙。「エクストラファインコットンオーバーサイズロングシャツ」ならメンズライクにゆるっと着流しても、女性らしい雰囲気はしっかりキープしてくれます。

UNIQL(ユニクロ)レギンスパンツで美シルエットを叶えて

UNIQLO(ユニクロ)の「ウルトラストレッチデニムレギンスパンツ」は、ストレッチが効いているのに脚のラインをキレイに見せてくれる優れものです。

さらに秋冬はヒートテック素材で登場! ぽかぽかと足元から暖かいから、普段より薄着でも快適に過ごせるはず。またスナップのように上半身にたっぷりレイヤードしても、シャープな下半身とのメリハリでおしゃれもスタイルアップも大成功に導きます。

UNIQLO(ユニクロ)のコーデュロイジャケットがバランス良好

コーデュロイアイテムの中でもオーバーサイズのシャツが人気ではありますが、実はスタンダードなジャケットも使いやすさ抜群! ワイドパンツやプリーツスカートなどボリュームボトムが主流の今、コンパクトなジャケットが一着あると上下のバランスが取りやすくなりますよ。

細身のパンツと合わせるなら、スナップのUNIQLO(ユニクロ)「コーデュロイオーバーサイズジャケット」のように、いつもより少しオーバーサイズを選んでメリハリを効かせると好バランス!

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。