カジュアルでもきれいめ感。「Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)」の軽めダウン&キルティングアウターコーデ12選♪

最終更新日: 2019/12/04 by watabe

もこもこな厚手ダウンを着るほどでもない日に便利なのが、キルティング生地のアウターや軽めのダウン。

イギリスのトラッドテイストがおしゃれなTraditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)のコートやジャケットはいかがでしょうか?

トラッドなきれいめ感! トラディショナル ウェザーウェアの普段使いアウター

イギリス・マッキントッシュ社のデイリーウェアブランド、Traditional Weatherwear(トラディショナル ウェザーウェア)。英国の伝統を感じさせながらも、普段使いしやすいベーシックなデザインが特徴です。

今回ご紹介するのは、トラディショナル ウェザーウェアのキルティング&軽めなダウンアウターを使ったコーディネート。

大人っぽくて合わせやすいコートとジャケットのスタイリングをチェックしてみましょう!

カジュアルなのに上品見えなキルティングコート

トラディショナル ウェザーウェアの人気アイテムといえば、上品なキルティング生地のコート・ARKLEY LONG(アークリー ロング)。

トラッド感のあるカッチリした仕立てに、前立てやポケットの端に施されたコーデュロイのパイピング、ゴールドのボタンなど、カジュアルながらきれいめに着こなせるデザインです♪

コンパクトで合わせやすいキルティングジャケットはコートのインナーにも

軽快に羽織れるノーカラーのキルティングジャケット、ARKLEY (アークリー)もおすすめ。コンパクトでクセのないデザインは、ボリュームのあるパンツや柄ワンピースとも相性バツグンです♪

すっきりかさばらないから、コートのインナージャケットにもぴったり♥

今っぽくてすっきり着こなせるダウンコート

ダウンなのに、すっきりしたシルエットで太って見えないトラディショナル ウェザーウェアのダウンコート。

ノーカラーだから、タートルネックニットやパーカーのフード、大判ストールを合わせてももたつかず、すっきりしたスタイリングに! カーブへムと後ろ下がりデザインが今っぽいこなれ感を演出してくれます♪

The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。