年末年始のお食事会は、座ったときに見える「トップス」が明暗を分ける! おすすめ映えトップス5選

最終更新日: 2019/12/12 by watabe

年末年始にかけて、忘年会・新年会、家族の集まり、女子会に合コン、またはお休みを使ったデートなど、食事に行くシーンがグッと増えますよね。
立食パーティーでもない限り、お座敷やテーブル席に座ってしまうので、結局見えるのも印象に残るのも上半身のみ。さらになかなか一堂に会する機会がない分、写真撮影の可能性は高いはず。
そんなとき地味なトップスを着ていると残念な印象に写ってしまうことも。賑やかな場だからこそ、顔まわりが明るく見えるに越したことはないですよね。

そこでこの記事では、年末年始のお食事シーンで映えるトップスをご紹介します。

ボウタイブラウスで気品漂うクラシカルな印象に

今年ひそかに人気が復活しているボウタイトップス。色や素材はシックでも、首元のボウタイがたちまちクラシカルな印象に導きます。ブラウスなら上品さがあるのでお堅い場で着られるのもいいところ。程よい今っぽさと気品さを併せ持つ華やぎトップスは、大人におすすめの1枚です。

繊細なレースブラウスで華やかさ際立つ

映えトップスの定番・レースブラウスも外せません。繊細なレースは、着慣れたボトムも特別感のあるコーディネートに仕上げます。「きれいめすぎるかな?」というときは、パンツスタイルに合わせるとちょうどいいバランスに。

着るだけで顔まわりが華やぐ柄ブラウス

柄ブラウスは着るだけで顔まわりが華やぐからおすすめです。花柄だとデザインによってほっこり見えることがあるので、大人世代が選ぶならドット柄がイチオシ。暗色でも華やかでクラシカルに見え、着こなしやすいはずですよ。

コンパクトなリブニットは肌見せで女っぽく

肩が見える肌見せトップスは、シンプルでも華やかで女っぽく見せてくれる優れもの。コンパクトなニットなら居酒屋などのラフな場でも浮かない上、手抜き感のないコーディネートに仕上がります。オフショルダーよりも、ワンショルダーやアシンメトリーのデザインが今年らしくてGOOD。

深Vネックで即美人見え

「何を着よう?」と迷ったときは、深Vネックトップスがおすすめです。デコルテをすっきりとした印象にしてくれるので1枚で美人見え。きれいめ感が欲しいシーンなら、ブラウスやハイゲージなコンパクトニットなど、カジュアルなシーンならニットやカーディガンにするなど、幅広い選択肢からチョイスできます。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡