「マフラー×ピアス」を上手に組み合わせるには? おしゃれさんの冬コーデをチェック

最終更新日: 2019/12/26 by watabe

寒い日の首元を優しく温めてくれるマフラーは、冬の必需品。でも、マフラーを巻いてしまうと大好きなピアスやイヤリングが楽しめない! なんて声も聞こえてきます。どうせなら、暖かさとおしゃれさを両立させたいですよね。

そこで、賢くマフラーとピアスを組み合わせているおしゃれさんのコーデをご紹介。うまく組み合わせるコツやテイスト別スタイリングをレクチャーします。

「マフラー×ピアス」コーデを成功させるポイント

マフラーとピアスを組み合わせるときに、必ずと言っていいほど発生するのが「引っかかる」問題。マフラーやストールと組み合わせるときは、細かな装飾のないフラットなピアスを選びましょう。

また、小さなデザインよりも、大きなパーツを使ったものの方がマフラーのボリュームに負けずアクセントになってくれます。フラットで大きいパーツだとマフラーに引っかかりにくいというメリットも。

「マフラー×ピアス」のカジュアルコーデ

ゆるっとシルエットがリラクシーなカジュアルコーデは、「マフラー×ピアス」を組み合わせることで目線が上に集中。すると、ゆるっとコーデも自然にスタイルアップできます。

「マフラー×ピアス」の辛口コーデ

ライダースジャケットを用いた辛口コーデは、きらっと輝くピアスを添えることでほんのりレディさを薫らせて。クールな印象の装いですが、マフラーを使うとどこか親しみやすさを感じますよね。

「マフラー×ピアス」のトラディショナルコーデ

チェック柄がトラディショナルな印象のコートは、ブラックのマフラーで顔映えをピリッと引き締めるときちんと感がアップします。その分、明るいカラーのピアスで軽い装飾を加えると好バランスに。

まだまだ寒い日が続きますが、「マフラー×ピアス」の小物使いをマスターしておしゃれを楽しみましょう。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。