寒い日でも春を先取り! 7色の「チュールスカート」着こなしカタログ

冬から春に向かう変わり目の今こそ、ちょっと寒い日でも季節を先取りできる「チュールスカート」コーデを試してみませんか? チュールのシアーな透け感が軽やかさを表現してくれるので、冬アイテムと組み合わせても春らしい装いが完成します!

今回は、ファッショニスタの「チュールスカート」色別着こなし例を7色ピックアップしてご紹介します。ぜひワードローブに取り入れてみてくださいね。

【1】「ベージュ」のチュールスカートコーデ

ベージュのチュールスカートはどんな色やアイテムとも合わせやすい万能アイテムです。柔らかな雰囲気が春らしさを盛り上げてくれる、これからのシーズンにぜひとも使いたい一品!

こちらはホワイトのニットと組み合わせて洗練されたカラーリングに。スカートとブーツの色を合わせて、さりげなく脚長見えも叶えているところがさすがです。

 

ベージュのチュールスカートをブラックで引き締めると、ちょっとクラシカルで大人な雰囲気に様変わり。ベージュの優しい色合いがブラックのシャープさを和らげて、好バランスなコーデが作りやすいのがメリットです。

いろいろな雰囲気で着回しできるので、初心者さんはまず「ベージュ」チュールスカートをゲットするのがおすすめ!

【2】「ブラウン」のチュールスカートコーデ

ベージュよりもさらに大人っぽく落ち着いた雰囲気を狙うなら、「ブラウン」のチュールスカートがイチオシです。

こちらは、同系色のニットを合わせてボタニカルなカラーリングに。ブラウンはピンクやアイボリーなど春らしい色とも相性抜群なので、コーデもしやすいはず!

【3】「グレー」のチュールスカートコーデ

ニュートラルカラーのグレーチュールスカートは、合わせるアイテムを選ばないので一年中頼りになる名品。モデルさんはブラック ×グレーのモノトーンコーデに落とし込んでいます。

チュールの透け感が軽やかな印象を作ってくれるので、ダークな色合わせでも春らしさを薫らせることが可能。普段クール派な方に特におすすめです。

 

トップスにボーダーを合わせると、同じダークカラーでもよりフレッシュな爽やかさを演出できます。カジュアルな着こなしなのにどこかレディさが漂うのは、チュールスカートの透け感のおかげ。春らしい明るい色が苦手な方でもチャレンジしやすいバランスです。

【4】「ホワイト」のチュールスカートコーデ

ホワイトのチュールスカートは清潔感たっぷりなコーデが楽しめるアイテム。膨張色なので、チュールのボリューム感で着膨れしないようウエストラインを際立たせるほか、ショート丈トップスと組み合わせてメリハリを意識するのがポイントです。

抜け感たっぷりでクリーンな春コーデを楽しみたい方は、ぜひ手に取ってみてくださいね。

【5】「ピンク」のチュールスカートコーデ

ピンクのチュールスカートは、コーデに取り入れるだけで春らしさを瞬時にアップできるお役立ちアイテムです。「ピンクは幼く見えそう……」、そんな不安がある方は、くすみ感のあるダスティーピンクをセレクトすれば大人っぽく着こなせます。

甘いカラーなので、あえてカジュアルなアイテムとMIXして着こなすのがGOOD。コーデの奥行きがアップして、上級者な着こなしが実現できますよ。

【6】「ブルー」のチュールスカートコーデ

爽やかなブルーのチュールスカートは、寒色系なので女性らしいシルエットで着こなしても甘くなりすぎないのが魅力。シンプルに着こなすだけで、クラス感のある大人コーデが完成します。

一方で涼しげな色のため、まだ寒い日はブラックなどダークカラーで引き締めて、暖かくなってきたら淡いカラーリングで思いっ切り春らしい装いを楽しむのがおすすめです。今から夏まで長く愛用できるはず!

【7】「ブラック」のチュールスカートコーデ

最後にご紹介するのはブラックのチュールスカートコーデです。どうしても「黒」は重く見えがちなので、ボリュームが出過ぎないシルエットを選ぶとバランスが取りやすくなります。

こちらのスナップでは、ホワイト×ブラックでメリハリのあるモノトーンコーデに。ブラックは春色と組み合わせても大人っぽく着こなせるので、1枚あると便利です。

 

お気に入りカラーのチュールスカートは見つかりましたか? ぜひ春に向けてワードローブに追加してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。