子どもっぽい&なんかダサいとは言わせない! 30代の「白パーカー」着回しコーデ6選

春になると着たくなる「パーカー」。カジュアルなアイテムなだけに、大人のコーディネートには注意も必要。着こなし次第では子どもっぽくなったり、ラフに見えて野暮ったくなったりしやすいアイテムです。

そこでこの記事では、大人のパーカーの着こなしをご紹介します。中でもクリーンな印象で着られて、大人にぴったりなホワイトパーカーをピックアップ。コーデに悩んでいた30代の方は、ぜひチェックしてみてください。

パーカーにパンツを合わせたいときは美シルエットを

まずパンツを合わせたいときは、カジュアルでラフに見えるワイドパンツではなく、テーパードシルエットなど脚ラインを美しく見せてくれるものを選びましょう。シルエットを変えるだけで、パーカー×パンツを一気に品よく着こなすことができます。

リラクシーなパンツはやさしげ配色に

ニットやリブパンツ、ストンと落ちるタックやセンタープレスのないリラクシーなパンツの場合は、上品な配色で大人っぽさを意識。カラーのやさしげな印象が強調され、パーカーを合わせても子どもっぽくなりません。白パーカーならば、ボトムはニュアンスカラーがイチ押しです。

プリーツスカートと合わせれば上品さを保てます

プリーツスカート×ヒールパンプスならここまできれいめに着られます。もちろん足元はヒールじゃなくてもOK! 気負いのないフラットパンプスを履けば、きれいめながら程よい抜け感が生まれます。

花柄スカートには黒小物で引き締める

ほっこり見えしてしまいがちな花柄スカートとコーディネートするときは、黒小物でキリっと引き締めるのがおすすめです。シャープさが加わり、パーカーを合わせても野暮ったく見えません。

タイトスカートなら大人のカジュアルスタイルが即完成

パーカーとタイトスカートを合わせると、簡単に大人カジュアルが完成します。大人っぽさとカジュアルのバランスがちょうどよく決まるので、覚えておくと使えるコーディネートに。足元にスニーカーはもちろん、フラットパンプスやバレエシューズを履くとカジュアルさが引き算されて、雰囲気が一変しますよ♪

ジャケットを羽織ればたちまち大人の佇まいに

パーカーの上にジャケットを羽織れば、大人のクラス感を漂わせることができます。カッチリ感のあるジャケットを程よくカジュアルダウンさせることもできて、一石二鳥♪ 休日に試したいコンビです。

The following two tabs change content below.
mayu

mayu

アパレルブランドの販売員、ファッション誌のライターアシスタントを経験。ファッションやコスメが大好き。映画も人生に欠かせません♡