着太りを完全制圧! 4つの気になるパーツ別に着痩せ方法を徹底解説

少しずつ気温が高くなり、薄着で過ごす日が増える春。それゆえに「もっと脚を細く見せたい」「お腹を隠したい」など、お悩みが出てくるのも女子の本音です。そこで今回は、パーツ別の着痩せ方法をベストマッチなアイテムと共にご紹介します。お買い物の参考にしてみてくださいね。

※記事中のモデルさんはみなさんスタイルの良い方ばかりですが、一般的なテクニックとしてご参考にしていただけると幸いです。

【脚に自信がない】ワイドパンツよりもテーパードパンツがベター

脚のラインが気になると、ゆとりのあるワイドパンツを選んでしまいがちになりますが、実はかえって脚の存在感を強めてしまうことがあるんです。着痩せを狙うなら、程よくシャープなボトムですっきりさせるのが正解! そこで、ヒップから太もものラインはゆったりと、ひざから下は裾にむかって細くなる「テーパードパンツ」がおすすめです。

大人世代がいくつか用意しておきたいのは、スナップのようなセンタープレス入りのデザイン。程よいゆとりがありつつ、きちんと感も出せます。華奢な印象を与えるアンクル丈をセレクトして足首や甲を見せると、さらなるスタイルアップが手に入ります。

【ウエストをカバーしたい】ハリのあるシャツで完全網羅

ウエスト周りを隠すために着ていたチュニック丈のしなやかなブラウスやカットソーはもう卒業。今季はハリ感のあるシャツにチャレンジしましょう! オーバーサイズの長めシャツなら、ウエストだけでなくヒップや太ももなどの下半身も全てカバーしてくれます。

さらにスナップのようなストライプ柄なら縦のラインが強調され、ビッグシルエットでありながらすっきり見えを獲得。

着こなしのポイントは”とにかく真っすぐな棒を意識”すること! レギンス&靴まで同系色でまとめれば、キレイもスタイルアップも同時に叶う「Iラインコーデ」の完成です。

【バストの大きさが気になる】カシュクールトップスで叶えるキレイ見え

多くの女子が憧れるグラマーさんですが、「ゆったりしたトップスは太って見えるから避けたいし、フィット感が強いアイテムは色っぽくなりすぎて……」というお悩みも。解決するには着太りを招いてしまわないトップス選びが大きな鍵に! 胸元にゆとりがあり、ウエストはキュッと絞られたカシュクールトップスが最適です。

こちらのスナップでは、しなやかなワイドパンツを合わせていますが、リボンベルトでウエストマークすることでメリハリあるスタイルを実現していますね。着痩せも女性らしいファッションも同時に楽しみましょう!

【二の腕を隠したい】アウターの肩掛けでかっこよくカバー

二の腕が気になる女子にとって、春はコーデに悩む季節。夏になればフレアスリーブで可愛く隠すことができるけれど、長袖の期間は重ね着かボリュームのあるトップスを選びがちに……。もちろん間違いではないのですが、上半身に重さが出すぎて、場合によっては実際より着太りして見える危険があるんです。

そこで今季おすすめしたいのは、カーディガンやジャケットを肩掛けする旬スタイリング。スナップのようなふんわりとした甘めのチュールスカートと合わせても、肩の落ちるラインがシルエットを下へ誘導して、着太りを完全回避。大人のこなれ感まで獲得できますよ。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。