トップスインはしたくない! 【アウトスタイル】をすっきり見せる4つのアイテム&テクニック

コーデのメリハリづけにひと役買ってくれるトップスイン。しかし、バランスよくインするのは思いのほか難しいと感じている方も多いようです。
また中には、ウエスト位置をはっきりさせた凹凸のある着こなしよりも、オーバーブラウスでゆったり仕上げる方が体型やスタイルの雰囲気に合う場合も。

そこで今回は、トップスインしないスタイリングに着目! 美バランスを叶えるアイテムと着こなすコツをご紹介します。

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

長すぎない丈ならインせず好バランスに

「トップスインが苦手」という方に最初にお勧めしたいのは、丈が長すぎないトップス♥ オーバーサイズが旬なので、アイテムセレクトが難しく感じる一面もあるかもしれませんね。しかし腰骨くらいの丈は、実はチャレンジしやすいデザイン! トップス&ボトムスの素材に変化をつけるだけで、一気にバランスが取りやすくなるんです。

フェミニンなレースブラウスを選んだ場合は、ラフなデニムパンツ合わせのMIXスタイルに仕上げてみて。過剰な甘さがセーブされ、理想の春コーデが叶うはずですよ。

ギャザーはウエスト位置を錯覚させてくれる

「短い丈のトップスを着たくない」という方には、ゆったりとしたシルエットかつウエストがキュッと絞られたデザインがおすすめ♪ 視線が上がり腰高&脚長に見えるので、膨張しがちなホワイトカラーのパンツを合わせてもすっきりと着こなせますよ。

さらにパイソン柄の辛口パンプスを添えれば、アクセント効果も抜群。大人フェミニンスタイルのバランサーとしても重宝します。

サイドスリット入りトップスがシャープなレイヤードルックをお約束

トップスをアウトしたグッドバランスコーデを完成させるには、サイドスリットの入ったトップスが必要不可欠♥

シャツ×ニットベストのレイヤードにロングスカートを合わせたゆったりスタイルも、深いスリットが下半身のもたつきを完全払拭。プリーツスカートの縦ラインも相まって、インしなくとも仕上がりはとってもシャープですね。

ロング丈の羽織りを味方に

トップスインが苦手な理由として「ヒップのラインが気になる」「ウエスト周りを見せたくない」と答える方も多いのではないでしょうか。そんなときは、ロング丈の羽織りを活用するのが手♥ 「Iライン」が強調され、目立たせたくないパーツはしっかりカバーしつつ、すらっと背を高く見せる効果が期待できます。

スナップはコンパクトなカットソーとワイドパンツに、地面すれすれのロングシャツワンピースを羽織りとして投入。こなれ感とすっきり見えを同時に獲得した理想のスタイルですね。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。