2020春夏のスカーフ、どう合わせるのが正解? カジュアルに使えるスカーフアレンジコーデ9選♪

手持ちアイテムを可愛く見せるのに効果的な「スカーフ」。いつものコーディネートに飽きたときは、一点プラスするだけで違った雰囲気の着こなしが楽しめます。

定番感がある分、「どんなコーデに合わせるか」「どんな巻き方にするか」がおしゃれに見せるポイント。古臭くなく、あか抜けて見えるスカーフアレンジをチェックしていきましょう!

カジュアルコーデと相性バツグン! プチスカーフのチョーカー風アレンジ

エレガントなイメージがあるスカーフを手軽に楽しむなら、プチサイズのスカーフがおすすめ。チョーカーのようにピッタリ首に巻き付けるだけで、手持ちのカジュアルアイテムが一気に新鮮見えします。

デコルテラインが大きく開いたトップスと合わせれば首がスッキリ長く見える

首元のスカーフ巻きをもたつかせずオシャレに見せるなら、デコルテラインが大きく開いたインナーやトップスに合わせて。肌の露出が増えたぶん首元の詰まり感が消え、首をスッキリ長く印象づけられます。スカーフアレンジが大人っぽくあか抜けて見える効果も♪

ナチュラルに垂らしたスカーフはカジュアルコーデのアクセントにも

最近人気なのが、キッチリ形を作りこまないスカーフアレンジ。スカーフリングを使ったり、前で軽く結んだりと、ナチュラルなムードがカジュアルコーデと相性バツグン! ゆるめなコーディネートのアクセントにもぴったりです。

ロングスカーフをウエストベルトみたいに結んで

ロングサイズのスカーフはベルトとしても使えるアイテム。きっちりした印象のレザーベルトよりも柔らかい雰囲気に仕上がるから、カジュアルにウエストマークしたいときにぜひ取り入れてみて。

The following two tabs change content below.
karibusa

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。