小さなお子さまのママ必見! 抱っこ紐、急に走り出す……知って得する着こなしポイント4選

小さなお子さまと一緒にお出かけするときのママコーデは、可愛さよりも動きやすさやお手入れのしやすさを重視することが多い様子。その中でもオシャレを満喫しているママさんは、どんなことに気をつけているのでしょうか? お手本スタイルを早速チェックしていきましょう♪

※記事中のモデルさんにはママさんでない方も含まれますが、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

走り始めたらリュック&ローヒールが鉄板

この間まで赤ちゃんだったのに、一歳を過ぎると少しずつ歩き始め、気がつくと走り回っている……。そんな成長の早いお子さまとのお出かけには、両手が自由になるリュックが重宝します。選ぶポイントは本体の重量が軽いもの! さらにファスナーが装着されているタイプなら、”自分でやりたい年頃のお子さま”でも開け閉めしやすいはずですよ。

足元はヒール無しやローヒールの靴をセレクトすれば、動き回って目が離せないお子さまとの公園へも安心して行けますね。

ワイドパンツ+スニーカーはトップスとのバランスが鍵

下のお子さまを抱っこしながら、上のお子さまを追いかける! そんなハードなママさんは、ワイドパンツ+スニーカーのラクチンコーデがとっても便利で手放せませんよね。

しかし重心が下がりがちなスタイリングのため、着こなし方にひと工夫を加えるのがおしゃれ見えの鍵に。スナップのように明るいカラーのトップスをセレクトするなど、上半身にポイントを作れば好バランスに仕上がります。

プチプラもワントーンなら高見え

小さなお子さまがいるママは、汚れてもいいプチプラ服を選ぶことが多くなるもの。しかし安っぽく見えるのは回避したいところですよね。そこでおすすめなのが全身をワントーンでまとめるテクニック!

スナップのフェミニンなニットアップはGU(ジーユー)のアイテムですが、スタイリングのトーンを統一することにより抜群の高見えを実現。汚れが気になる淡くきれいな色のアイテムも、GU(ジーユー)の価格帯なら気軽に楽しめますよね。

抱っこ紐選びはママの服との馴染みまで抜かりなく!

最近はオシャレな抱っこ紐も豊富に販売されており、どれにしようかと悩むママさんも多いのではないでしょうか。そんなときは、ママの毎日コーデにマッチするカラーや柄を選ぶのがおすすめです。

こちらのスナップではドット柄のスリングをチョイス。ママのモノトーンルックにしっかり馴染み、洗練された印象に仕上がっています。

The following two tabs change content below.
rikona

rikona

元アパレル店員。20代はモデル体型、30代は産後のぽっちゃり体型に変貌。ぽっちゃりだからこそ似合うコーディネートがあるんです! お腹のお肉は人生の厚み♡ 現在二児の子育てに奮闘しながら、フリーライターとして活動中です。