おしゃれな置き画を撮影するテクニック4選【映える写真を撮りたい方へ】

最終更新日: 2020/05/22 by watabe

SNSでよく目にするおしゃれな「置き画」。チャレンジしてみたものの、なかなかうまく撮影できない……、なんて悩んでいる方はいませんか? おしゃれな置き画を撮影するには、ちょっとしたテクニックを活用するのがおすすめです。

そこで今回は、映える置き画を撮影するテクニックを4つご紹介します。とっても簡単にできて写真のクオリティを底上げできるので、ぜひTRYしてみてください。

置き画撮影テク1/ 「ドライフラワー」や「グリーン」を並べておしゃれな雰囲気をメイク

まずは、ドライフラワーやグリーンを撮影したいアイテムと並べて置いてみるテクニックです。置くときは整列させるのではなく、自然に見えるようランダムに配置するのがコツ。

100円ショップで売っているようなフェイクを使うのもおすすめです。お部屋のインテリアにも使えて一石二鳥!

置き画撮影テク2/ 「おしゃれ雑誌」を映り込ませるのもおすすめな置き画テクニック

表紙がおしゃれな雑誌を撮影したいアイテムと並べるのも、一気に写真があか抜けるテクニックです。海外の雑誌などもおしゃれなものが多いので、本屋さんで探してみると素敵な出会いがあるかも。何気ない写真も雑誌を映り込ませることで、よりストーリー性を感じる奥深い仕上がりになりますよ。
ただし出版元への許可なくネットへ公開することは権利侵害にあたるため、個人の写真として楽しんでみてくださいね。

置き画撮影テク3/ 靴は「箱のふた」と一緒に置いてさりげなくブランドをアピール

靴の置き画を撮影するなら、箱のふたを並べてさりげなくブランドをアピールしてみると、おしゃれさが増す上に写真の情報量も格段にアップします。

このとき、画面いっぱいに撮影物を置くのではなく余白を意識するのがポイント。抜け感あるバランスのいい写真が撮れますよ。

置き画撮影テク4/ 【より上級者っぽい写真を撮るなら】洋服と靴を一緒に置いて全身コーデを想像させる

より上級者っぽい置き画撮影にチャレンジするなら、お洋服と靴やバッグを並べて全身コーデを想像させる写真を撮ってみましょう。

お洋服はピシッと並べるのではなく、自然に置いたようなナチュラルなシワやゆがみを出すとおしゃれ見えします。そこに小物を添えるだけで、SNSでも映える置き画が撮影可能です。

The following two tabs change content below.
m.NaNa

m.NaNa

アパレル業界にてファッションデザイナーを経験。鮮やかなカラーが好きでカラーコーディネートにこだわったブランディングに従事。現在はフリーのデザイナー兼ライターとして活動中。