夏はこれでひと安心♪ 汗ジミが目立たない5つのサマーアイテム着こなし術

暑くなってきて、大人女子の大敵「汗ジミ」の気になるシーズンに突入。汗をかくことはいたって当たり前のことだけれど、できるならこの汗ジミ、気づかれたくないですよね。

今回はそんな悩みを消し去ってくれる【汗ジミの目立たない】サマーアイテムをご紹介します。これでもう嫌なドキドキ感とはさようなら♪ 早速チェックしてみましょう。

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

1. ホワイトレースブラウス

汗ジミが目立つ理由、それはスバリ「汗を吸い込んでいる状態」だから。つまり汗を吸収しにくい素材をチョイスすれば、目立ちにくくさせることができるんです。
モデルさん着用のレースのブラウスは、素材の表面上に汗を吸い込みにくいため、汗ジミが目立つことなく安心。またレースはこの夏も注目のトレンド。カジュアルなアイテムに合わせれば、甘さを生かしたゆるカジュアルコーデが完成します。

2. メッシュベスト

続いてこちらも汗を吸収しにくい素材の「メッシュ」。中でも幅広いコーディネートを楽しめるのが、ご紹介する「メッシュベスト」です。
モデルさんは、ホワイトのワントーンコーデにメッシュベストをレイヤードして着用。メッシュの透け感がとっても涼しげなサマーコーデです。インナーにしたTシャツに汗ジミが目立ちそうな色を選んだ場合でも、メッシュ素材が目隠し代わりにカバーしてくれるのも嬉しいポイント。

3. ブラックワンピース

次に汗ジミを目立ちにくくさせるポイントが「選ぶカラー」。特にホワイト・ブラックの2色はたとえ汗をたっぷり吸収した状態でも、色の差が出にくいので汗ジミだと気づかれにくいです。

モデルさんはそんな安心カラー・ブラックのマキシワンピースを着用。バッグに遊び心をプラスした大人のきれいめカジュアルスタイルに仕上げています。
この夏おうちコーデにも大活躍なマキシワンピースは、せっかくならブラックでドレッシーに、そしてノンストレスに過ごしましょう。

4. ギンガムチェックシャツ

柄やプリントによって汗ジミを目立ちにくくさせるのも効果的です。モデルさんは、爽やかさときちんと感が伝わってくるギンガムチェック柄のシャツをセレクト。デニムパンツに合わせた、大人がマネしやすいシンプルなスタイリングです。
柄を選ぶ際、ギンガムチェックのような比較的細かい柄にすると、さらに汗ジミが目立ちにくくおすすめ♪ 加えてトレンドのシアーは汗を吸収しにくい素材なので、併せると非常に効果的です。

5. ドットスカート

柄もので遊ぶなら、汗ジミ回避に効果的な「ドット柄」を取り入れた夏のガーリーコーデはいかが? モデルさんは、小粒ドットが愛らしいホワイトのフレアスカートをチョイス。パンプスやかごバッグをコーディネートしてフェミニンな表情です。
オフィスワークで長時間座っていると、ヒップ周りが蒸れたり汗をかいたりすることもしばしば。程よい甘さがコンサバにも合うドット柄なら、汗ジミも目立ちにくくお仕事がはかどりそうです。ぜひ参考にしてみてください♪

The following two tabs change content below.

Asu

バイヤー兼セレクトショップを経営しています。 趣味はアウトドアと海外旅行。 個性を引き出すコーデや着こなしを発信します。