【2020年版】おしゃれな肩掛けのやり方を教えて! 覚えておくと便利なカンタン肩掛けコーデ13選♪

ファッション上級者のイメージがある、カーディガンやシャツの「肩掛けアレンジ」。しかしポイントを押さえれば日中脱いだアウターが荷物にならず、コーディネートのアクセントとしても効いて一挙両得!

今回ご紹介するのは、おしゃれな大人女子のカンタン肩掛けコーデ。スナップを参考に、今っぽい肩掛けのコツをチェックしていきましょう!

人気の「たすき掛け」はオーバーサイズなシャツでカンタンおしゃれ見え

おしゃれな大人女子に人気なのが、アウターを斜めに結ぶ「たすき掛け」。たすきのように斜め掛けして袖口を結ぶアレンジを指し、ボディバッグ風のスポーティなテイストが魅力です。

慣れない人は、まずオーバーサイズなシャツのたすき掛けから初めてみるのがおすすめ。シャツ生地のハリ感のおかげで、結び目や背中のシルエットがスッキリ決まりやすくなります。

インナーのトップスやボトムは系統カラーでまとめておくことで、シャツのたすき掛けがコーデに映えて、おしゃれなアクセントにも!

重みある「ニットのたすき掛け」は軽やかなワンピースに合わせて

ニットやカーディガンのたすき掛けは、シャツに比べて重量感があるもの。軽めなアイテムに対してたすき掛けをして、コーディネート全体のバランスをとるのがポイントです。

そこでおすすめなのが「ワンピース」。トップス&ボトムといった単品の組み合わせより軽さを出しやすく、明るいカラーや軽めな素材のワンピースを選べば、おしゃれなニットのたすき掛けコーデに仕上がります♪

抜き襟感覚でナチュラルに楽しみたい「シンプルな肩巻き」

シャツやニットの袖口を前で軽く結ぶ「肩巻き」は、ふんわりした抜き襟っぽく決まるのが魅力。シンプルに肩掛けしたい方にぴったりのアレンジです。

重みのあるニットやスウェットを使えば「さりげない肩掛け」もカンタン!

巻かずに肩から掛けるだけの着こなし方は、肩掛けの中でも一番シンプル。見た目にずり落ちそうですが、ニットやスウェットなど「生地にある程度の重みがあること」、トップスにはコットンなど「つるつるしていない素材を選ぶこと」を押さえれば、滑りにくい肩掛けが楽しめます♪

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。