「新・トングサンダル」がこの夏アツい。2020流の履きこなし術

最終更新日: 2020/06/05 by watabe

そろそろ夏の準備を始めたい季節。サンダルをまだ買っていないなら、2020年はニューフェイスな「トングサンダル」にトライしてみませんか?

トングサンダルとは、ビーチサンダルのように鼻緒がついたサンダルのこと。昨年から注目度は増していましたが、今シーズンついに人気爆発の予感♪ 甲深なものや華奢なストラップまで、幅広いタイプが各ブランドから登場しています。ときめくデザインを見つけたら、足元が映える着こなしで取り入れてみましょう!

足元の抜け感を演出する! 【ブラック×細ストラップ】のトングサンダル

まずは定番「ブラックのトングサンダル」から。 今季は洗練された女性らしさ漂う「華奢なストラップタイプ」を一足持っておくと、万能に使えます。
ここでは服を引き立たせるように取り入れるのがポイント。他のブラック小物と併せて面積を抑えつつ、全体に散りばめるように配置すると、程よい抜け感とまとまりが出せます。

【柄×太ストラップ】のトングサンダルはワントーンでまとめてみて♪

お次は変化球の「パイソン柄トングサンダル」を使ってみましょう。定番の無地と比較すると「上級者向け?」と感じますが、全体のトーンを統一すればすんなり解決。まとまりを出したおかげで、小物の個性がグッと引き立ちます。
ここに異素材バッグを加えるのもGOOD。パイソン柄のワンポイントと相まって、大人のリラックス感を高めます。

コーデを上品に演出するなら♪ 【ブラウン×甲深】トングサンダル

トングサンダルをきれいめに仕上げたい方には「ブラウン×甲深タイプ」がイチ押し。特に明るめのブラウンは夏に向け、どんなスタイルにも気負わず使える万能色です。
シンプルなカラーで全体をまとめたら、ぜひリップやペディキュアでアクセントをつけてみて♪ 差し色が入ることで、ブラウンの持つ上品さが引き立つスタイリングに。

モードな【ブラック×甲深】トングサンダルには柔らか色を合わせてみる!

最後は「ブラック×甲深タイプのトングサンダル」をご紹介。甲深タイプは色の出る面積が多いため、ブラックの場合はブラウン・オレンジなど柔らかな色の服を合わせるのがおすすめ! サンダルの持つモードで辛口な雰囲気を生かしつつ、キツく見えないようにバランスをとりましょう。上半身に肌見せを加えるのも手です♪

The following two tabs change content below.
ピンコ

ピンコ

スニーカーショップでの販売員を数年経験後、デジタルマーケティングの会社へ。ファッション好きが高じて雑誌のメディアで執筆するなど、現在は会社員として働きながらライティング修行中。私服は365日パンツスタイル、生粋のボーイッシュ派です。