週3勤務の服装は「パターン化」が鍵! 通勤コーデ作りに迷わない着こなしアイデアとは?

最終更新日: 2020/06/25 by kaori

「週3日の勤務」と話すと、通勤日が少なくて服装選びがラクと思われがちに。しかし「次の勤務日に同じアイテムをうっかり選んでしまった」「同じ服ばかり着ていると思われたくない」と悩みが多いのが本音。そこでおすすめしたいのが、1日ごとの服装のパターンを決めておくアイデアです。

パターンを決めてローテーションすれば、同じアイテムを高頻度で取り入れていても毎回違った印象を与えることができますよ♪ 今回はおしゃれなスナップとともに、週3日の通勤コーデに使える服装パターンをご提案します。

【週3勤務1日目:パンツコーデ】定番テーパードパンツをトップスでイメチェン

週3勤務の1日目は、お仕事気分が高まるパンツファッションをセレクトするのがおすすめ。特にブラックのテーパードパンツなら、どんなトップスにも合わせやすいので重宝しますよ。

深みのあるブラウンのブラウスをプラスすると、落ち着きがありながら夏らしい明るさも◎。シャツを合わせてきちんと感のある服装に仕上げれば、大切な会議がある日にも対応できます。

【週3勤務2日目:スカートコーデ】シルエットが活きるシンプルトップス

週3勤務2日目は、1日目のパンツスタイルとは正反対のスカートを取り入れて印象の変化を楽しみましょう。服装作りに迷わないアイデアとして、万能なホワイトのトップスを用意しておくのがおすすめです。

すっきりとしたTシャツならどんなシルエットのスカートとも相性が良く、こなれ感のあるオフィスカジュアルコーデが完成しますよ。鮮やかなシューズを差し色にして、アクセントにするのもおしゃれですね♪

【週3勤務3日目:ワンピースコーデ】ウエストリボンで美スタイルに!

少し疲れが出てきやすい週3勤務の3日目も、コーディネート要らずのワンピースを用意しておけば安心。一枚でおしゃれが楽しめるワンピースならお洋服選びの必要がなく、ゆったりとした気持ちで通勤できること間違いなしです♪

特に大人女性におすすめなのが、腰回りにアクセントがあるウエストリボン付きのワンピース。腰位置が高く見えて脚長効果を叶えるほか、シルエットにメリハリが生まれてスタイルアップが狙えますよ。

The following two tabs change content below.
leeeaaa2525

leeeaaa2525

アパレル販売員の経験を経て、webライター業界へ。会う人・行く場所・なりたい自分に合わせたコーディネートを組むのが好きです。毎日が少し楽しくなるような記事をお届けします。