【失敗しない大人のリュックコーデを作るコツ】 程よくカジュアルに導くアイディア集♪

最終更新日: 2020/07/03 by kaori

動きやすさはもちろん、こなれたムードを演出してくれるリュック。しかし「すごく気になるけれど、子どもっぽくなりそう……」そんな不安はありませんか? スタイリングがカジュアルに寄りすぎると、”いかにもアウトドア”に見えてしまうし、難しいアイテムだと敬遠している方も多いかもしれませんね。

そこで今回は、失敗しない大人のリュックコーデの作り方をご紹介します。ぜひ参考にチャレンジしてみてくださいね。

リュックの日は、肌見せで女性らしく

カジュアルすぎるコーデにそのままリュックを添えると、子どもっぽく見えてしまいがちに。そこで女性らしさをキープするために、肌見せアイテムと合わせてみて。ボトムはミニ丈にしてみる、バックオープンのトップスを選ぶ、タンクトップでシンプルに肌見せする……などほんの少しの露出でレディな印象に変わりますよ。

パンツでリュックコーデをハンサムに仕上げる

リュックの日にパンツを穿くなら、フレアかワイドシルエット、もしくは細身デザインを選ぶと大人っぽく仕上がります。コツは「首・手首・足首」のいずれかを見えるように着こなすこと! カジュアルになりすぎずハンサムに装えるので試してみて。

レザーリュックで大人見えを狙う

上品に見えるレザー素材を選べば、リュックコーデが大人顔に。小さめサイズかスクエア型なら、より洗練されたスタイルにまとまりますよ。

カジュアル感の出るリュックは、こなれた雰囲気を出したいときにも使えるアイテム。
敬遠せずに、うまくコーデに取り入れてみてくださいね♪

The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。