40代50代の「暑くない」コーデ術! 簡単テクニックで涼しげに♪

気温が高い夏のコーディネートで気を付けたいのは、見た目も着心地も「暑くないかどうか」。立っているだけでも暑い夏だからこそ、涼しげなスタイリングで爽やかに過ごしたいですよね。

今回は40代50代の大人女性に向けて、清涼感のあるコーディネート作りの秘けつをご紹介。同世代モデルが実践する夏の着こなしアイデアを、早速チェックしてみましょう。

【1】見た目も着心地も涼しい「リネンシャツ」

汗や湿気をさっぱりとカットしてくれるリネン素材は、夏のファッションに欠かせない優秀アイテム。さらっとした生地が快適な着心地をもたらし、暑くないスタイリングを叶えてくれますよ。

薄手のリネンシャツなら重ね着しやすく、インナー次第で印象を変えられるのもポイントです。冷房が効いている室内ではシャツを羽織り、暑い屋外ではシャツを脱ぐなど、フレキシブルに使えるのが嬉しいですね。

【2】「ノースリーブトップス」は、肌見せバランスを調整するのが大人流

夏の「暑くない」アイテムの代表といえば、袖部分が露出したノースリーブトップスもその一つ。肌が空気に触れることで熱がこもりにくいほか、見た目からも涼しさが漂います。

40代50代女性がノースリーブトップスを着こなすなら、ボトムスはロング丈のものをセレクトするのがGOOD。肌見せのバランスが整い、露出が気になるノースリーブトップスも大人っぽく着こなせますよ。

【3】風になびく「ふんわりシルエットのワンピース」

ふわっと風が通り抜けるワンピースは、40代50代の「暑くない」コーデ作りに大活躍すること間違いなし。中でもおすすめなのが、裾に向かって広がるAラインシルエットのワンピースです。

ボトムス部分にゆとりがあることで汗をかいても張りつきにくく、快適さをキープした服装が実現しますよ。素足が見えるサンダルによって、さらに清涼感のある雰囲気に仕上がっていますね。

【4】風通しがいい「ワイドパンツ」

素足を見せたくない人におすすめなのが、ワイドパンツを使った「暑くない」コーディネート。ゆとりのあるパンツは風通しがよく、肌にまとわりつかないので涼しく過ごせます♪ なるべくサラッとした素材を選び、軽い雰囲気で着こなすのがコツ。

足元に抜け感のあるサンダルを合わせれば、野暮ったさを抑えられますよ。

【5】着心地バツグンの「コットン素材」

着心地の良さを重視するなら「コットン素材」に注目! 吸放湿性に優れているため、汗をかいてもさらっとした肌ざわりをキープできます。

自宅で気軽に洗えるほど水に強く、夏コーデにヘビロテしやすいのも嬉しいですね。ラフなTシャツはもちろん、上品なスカートにも使われる素材なので、お気に入りのコットンアイテムがきっと見つかりますよ。

【6】暑さを感じさせない「シアーアイテム」

透け感のあるシアーアイテムも「暑くない」コーデ作りにぴったり。さりげなく肌を見せることで、見た目から涼しい雰囲気を取り入れられます♪

プリーツを組み合わせたシアースカートなら上品さがあり、40代50代らしいきれいめコーデによく馴染みます。またはカジュアルコーデにシアーシャツを羽織って、こなれ感を出すのもおすすめです。

2020年8月9日 公開
2021年7月10日 更新


「40代50代」の人気記事>>
The following two tabs change content below.

山本茉莉

アパレル販売員の経験を経て、webライター業界へ。会う人・行く場所・なりたい自分に合わせたコーディネートを組むのが好きです。毎日が少し楽しくなるような記事をお届けします。