夏の白ワンピース、大人にも似合う? 30代~50代のおしゃれな白ワンピースコーデ18選♪

「真っ白なワンピース」は日差しの強い夏にぴったりのアイテム。爽やかで可愛い印象があり、10代や20代に似合うイメージですが、実は大人世代の着こなしとも意外と相性がいいんです♪

今回ご紹介するのは、2020年の夏におすすめの「白ワンピース」を使ったコーディネート。30代~50代のおしゃれ大人女子のスタイリングからチェックしてみましょう!

しっかり透け見え対策して楽しみたい、大人の白ワンピース

今シーズンは「甘めな白ワンピース」がおしゃれな大人女子の間で人気上昇中! レースやプリーツ、フレアやギャザーなど、フェミニンなデザインの白ワンピースをスッキリ爽やかに着こなしてみましょう♪

しかし、白のワンピースといえば気になるのが「透け問題」。

透けやすい白のワンピースには裏地が付いていることが多いのですが、薄い裏地だけだと光を通した時に脚がバッチリ透け見えすることも。ベージュ色のペチコートやぺチパンツがあれば安心ですね♪

フェミニンな白ワンピースは「ナチュラルな生地感」で爽やかに

ボリューム感たっぷりなマキシ丈ワンピースでも、清潔感たっぷりで爽やかに仕上がるのはホワイトカラーならでは。フェミニンなギャザーやフレアワンピースの場合、素朴なリネンやコットン生地で取り入れることで、サラリとナチュラルに仕上がります♪

ノースリーブの肌見せも、シンプルな白ワンピースなら爽やかに決まる

腕の露出が気になる「ノースリーブのワンピース」ですが、クリーンなホワイトカラーとシンプルなデザインなら甘くなりすぎず、健康的なスタイリングに。シンプルなワンピースはついついアクセサリーを足したくなりますが、あえて控えめにすることで白ワンピースの爽やかさが引き立ちます。

「白いティアードワンピース」で楽ちんとキレイめを両立

楽ちんとキレイめを両立してくれるのが「白いティアードワンピース」です。ゆったりとした着心地なのにダラしなく見えず、体型カバー力もバツグン。ギャザーのティアード切り替えがAラインシルエットになり、女性らしいコーディネートを演出します。

スランドカラーやノースリーブのデザインで取り入れると、トレンドライクなコーディネートが楽しめますよ♪

「Iラインシルエットの白ワンピース」でスッキリとシンプルに

白いワンピースを大人っぽくシンプルに着こなすなら、「Iラインシルエット」のものがおすすめ。装飾性のないプレーンなデザインが甘さを感じさせず、爽やかに決まります。

またノースリーブ&クルーネックのタイプなら真っすぐなシルエットを強調。コーディネートが縦長に見えるので、スタイルアップ効果が期待できます。

「裾スリットの白Tシャツワンピース」でカジュアルに

カジュアル派さんなら、「白いTシャツワンピース」はいかがでしょうか。裾スリットが効いていると、ストレートシルエットでも足の可動域が広がり、歩きやすさバツグン。スリットから大人っぽいこなれ感が加わり、コーディネートがおしゃれに決まります。

ワンピースがシンプルなので、靴はデザイン性があるアイテムが◎。スタイリングが物足りなく見えず、お出かけ感が加わりますよ♪

40代50代の白ワンピースは「ハリ感のある生地」&「控えた肌見せ」で上品に

40代や50代には、パリッとハリのあるシャツ生地の白ワンピースがおすすめ。腕や脚の肌見せを抑え、露出控えめに着こなすことで、上品な白ワンピースコーデが完成します。

真っ白より着こなしやすい! 「アイボリー&グレージュ」のワンピース

「真っ白なワンピースが苦手」という方は、黄みやグレーが混じったカラーをチョイスしてみては。例えばアイボリーやグレージュのワンピースなら男性ウケを狙いすぎず、着こなしやすさがグーンとアップします。

バンドカラーやピンタックのシャツワンピースを選べば、コーディネートがマニッシュな雰囲気に。キリッとした端正なムードが漂い、涼しげなスタイリングに仕上がりますよ♪

いかがでしたか? 一枚で着映える白のワンピースは、重ね着にしないでそのままのおしゃれを楽しみたいもの。デートシーンはもちろん、リゾートコーデとしてもおすすめです♪

2020年7月31日 公開
2021年9月2日 更新

The following two tabs change content below.

karibusa

美大卒業後にデザイナーとして活動。その後、ファッション専門学校で教員として仕事をしていました。現在は子育てをしながら、アート系専門学校でファッションイラストの講師として活動しつつ、Webライターもしています。