ビニール傘からの卒業。「こだわりの傘」で素敵な大人を目指してみない?

最終更新日: 2020/07/27 by kaori

「ずっとビニール傘を使っているから」「無くしても諦めがつくから」「コーデから浮かないから」「出先で買ったのがまだ使えるから」……ビニール傘を愛用している理由は数あれど、そろそろ卒業したいと思っている方も少なくないのではないでしょうか。ビニール傘は気軽に使えるので確かに便利。

でも傘まで気を遣っているおしゃれさんに出会うと、素敵だなと憧れますよね。とっておきの傘を迎えて、「素敵な大人」へとアップデートしてみませんか♡

コーデに馴染みやすい「ベージュの傘」

ベージュの傘は単体で見ると、ちょっとおじさんっぽく感じてしまうかもしれませんね。しかし旬カラーでもあるベージュの傘は、実はおしゃれ感を高めながらコーデに溶け込んでくれるんです。ビニールじゃない傘ならではのきちんと感により、上品な装いへと後押し。大人女子にとって、一つは押さえておきたいアイテムなのです。

大人に引き締まる「ブラックの傘」

バッグや靴の色選びに困ったときはブラックに頼る方も多いと思いますが、傘も同様です。「ビニール傘じゃない傘デビュー」の最初の一本に迷ったら、ブラックを選ぶと失敗しませんよ。

違和感なく持てて、コーデの邪魔をしないのがいいところ。ベージュ&ホワイトのワントーンでコーデを組んだ日に添えれば、キリリと引き締める役割も担ってくれます。

「カラーの傘」でコーデに彩りを

傘は雨の日だけに使うもの。「着ている服に合うのか、合わないのか」を気にせず、好きなものを選んでしまうのもアリです!

例えば、服ではなかなか選ばないけれど好きな色や、どんよりとした天気でも気持ちが明るくなるようなデザイン……。その日の気分に合わせて選べるよう、好きな色・柄の傘をいくつか手に入れておくのも素敵です。雨の日が楽しみになりますよ。

ビニール傘なら「デザイン」にこだわってみる

ビニール素材の傘でも形・デザインにこだわれば、「傘まで手を抜かない大人」そんな印象を与えることができますよ。深さのある丸い形やオーロラカラーなど、ビニール傘だからこそのデザインもたくさん展開されています。

実は、いつものビニール傘と同じ感覚で使えるのもいいところ。カチッとした傘に違和感を感じてしまう方は、デザインにこだわったビニール傘を探してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
mami

mami

ヘアメイク、美容部員、エステティシャン、アパレル勤務を経て、現在はフリーライターとして活動中。美容やファッションなど女性向けの記事を執筆しています。 素敵だと思うのは、『年齢相応の美しさ、可愛さを大切にする女性』。