「黒トップス」をやわらかく着る。黒がキツく見えない、絶妙コーデの作り方

“黒”というと「大人っぽい・クール」などの引き締まった印象が強いですよね。さらに落ち着いて見える定番色とあって、大人のきちんとコーデには欠かせません。

そんな頼れる相棒カラーですが、かっちり着るとデイリーには「キツそう」に見えてしまうことも。かといって、手抜きでオシャレじゃないのも避けたいところです。そこで今回は絶妙なバランス感で黒をまとえる、やわらかな”黒トップスコーデ”をご紹介します。

「黒ブラウス×ワイドパンツ」で大人らしいゆるカジュアルに

ふわっとした「黒ブラウス」には、あえてゆとりのあるワイドパンツをプラス。”黒”自体に引き締め効果があるので、タイトシルエットを選ばずとも大人っぽさをキープできます。

ゆるさがあっても手抜きに見せないコツは「小物にしっかりこだわること」。アクセサリーや華のある靴・バッグを添えて、親しみやすくも素敵な人を目指しましょう♪

ナチュラルムードになれる「ワッシャーワンピース」を重ね着♪

スタイリッシュなブラックのハイネックTシャツを、優しげな「ワッシャーワンピース」でナチュラルムードに転換。ふんわりしていても決して子どもっぽさを感じさせない、絶妙バランスのコーデです。

シンプルなワンピースだと「クール」になりがちですが、ワッシャー加工のおかげで程よく着崩し。黒トップスを脇役として生かすレイヤードは、デイリー使いにマスターしておきたいところです。

黒トップス×ロングスカートをキツく見せない「デニム素材」

エレガントに決まる、黒トップス×ロングスカートのコーデ。そのままきれいめに仕上げるのも素敵ですが、やわらかさを意識するなら「デニム素材」がイチ押しです♪

カジュアルな印象ながらも、”黒×スカート”の要素でしっかり大人っぽさを残せます。こんな気取らないスタイルが、大人のリラックスムードにはベストマッチ!

クールに見えやすい「ブラックオンブラック」はシルエットを重視

クールに見えやすい「ブラックオンブラック」でも、シルエット次第ではやわらかく着こなせます。上下ともに”ゆとり”のあるサイジングで、キツく引き締めないコーデに仕上げましょう。

ゆるくても部屋着っぽくならないのは、足元のポインテッドトゥシューズで「角」を作っているから。あくまで服装はかっちりさせず、上手な小物のサジ加減が成功への鍵です♪

The following two tabs change content below.
Riri

Riri

大のおしゃれ好きで、販売員を経験したのちアパレル企業のEC事業部に勤務。皆様のお役に立てるようなファッション情報を発信します。